介護士のやりがいを考える|介護士派遣の基礎知識

介護業界の仕事は大変だと言われますが、仕事が大変なのは介護業界に限った話ではありません。どんな仕事でも大変なときはありますし、大変だからこそ得られる喜びも大きいと言えるのかもしれません。「大変」「つらい」と感じたときに、すぐに辞めてしまう人もいますが、それを乗り越えてステップアップしていく人もいます。後者のタイプの人は、仕事の大変さのなかにも「やりがい」を見いだし、日々「喜び」を感じているものです。

今回は、介護士という仕事のやりがいについて。はじめて介護業界で働くことをお考えの方や、介護派遣での就労を検討している方はぜひご一読ください。

介護士として仕事のやりがいを感じるとき

感謝の言葉をもらったとき

介護士の仕事を選んでよかったと思えたら、それはとても幸せなこと。そう思える瞬間として、多くの介護士が口をそろえるのが「感謝の言葉をもらったとき」です。利用者からの「ありがとう」はもちろん、ご家族からの「ありがとう」も嬉しいものですね。

介護士の仕事は要介護者の方と過ごす時間が長く、コミュニケーションも多くなります。特に、施設や病院で長く過ごした要介護者の方は、自宅に戻るとき、決まって「お世話になった介護士さんにお礼を言いたい」と言います。「あなたのおかげで楽しかったよ」「あなたが支えてくれたおかげで、一人でも頑張れそうだよ」と言われたときは、きっとこみ上げてくるものがあるはずです。

チームワークのなかで役割を全うできたとき

介護の仕事は、チームワークが重視されます。介護の現場では、介護士やケアマネジャー、看護師や栄養士など複数の専門職の人がチームを組んで要介護者を支援します。介護士として自分の持ち場で自分の責務を全うできたときや、チームみんなで連携して要介護者の方に質の高いサービスを提供できたときは、チームの一員としてやりがいを実感できるはずです。

やりがいを見失いそうになったら・・・

仕事がうまくいかなかったり、長く働いていたりすると、やりがいを見失いそうになることもあるでしょう。そんなとき、介護派遣なら職場を変えてみるのも一つの手です。

介護の職場は、老人ホームやデイサービスセンター、訪問介護センターや病院など様々で、職場を変えることで環境はガラリと変わります。新しい職場に行けば、新しいやりがいに出会える可能性もあります。派遣社員であれば職場の変更はしやすいので、そのメリットはしっかりと活かしたほうがいいでしょう。

また、資格を持っていない方は介護系資格の取得を目指すのもおすすめです。介護系の資格としては、介護福祉士やケアマネジャーが有名です。資格取得の勉強をして知識が増えると、自分が今やっている仕事の意義を再認識できたり、今まで気づけなかった視点を持つことができたりします。こういった発見は、結果的に仕事へのやりがいにつながっていきます。もちろん勉強をするからには、資格取得まで頑張りたいものです。資格を取れれば待遇アップ・給料アップにつながるので、さらにモチベーションは高まるでしょう。

介護系の資格については、以下の記事も参考にしてください。

>> 介護派遣で時給アップを狙うなら介護福祉士に!|介護士派遣の基礎知識 
>> ホームヘルパーと介護福祉士の違いとは?|介護士派遣の基礎知識 
>> 介護福祉士とケアマネジャーの違いとは?|介護士派遣の基礎知識 
>> 介護福祉士と社会福祉士の違いとは?|介護士派遣の基礎知識 

介護派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。