介護福祉士とケアマネジャーの違いとは?|介護士派遣の基礎知識

超高齢化社会を迎えた今、介護現場の求人募集が途絶えることがありません。そんななか、「介護派遣」という働き方は、ワークライフバランスを充実させるうえでも非常に魅力的な選択肢の一つになっており、介護の現場で活躍する派遣社員も年々増加しています。

介護派遣としてのキャリアアップを目指すなら、やはり資格取得が近道になります。多岐にわたる介護系資格のなかでも、今回は「介護福祉士」と「ケアマネジャー」の違いについて解説していきます。介護現場で働く人にとっては基本的な知識になりますので、しっかり押さえておきましょう。

介護福祉士とは?

介護福祉士とは、高齢者や身体が不自由な方の介護をする専門職のこと。「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格です。介護福祉士の仕事は、食事や入浴、車いすでの移動補助などの身体介護や、社会福祉施設利用者の相談対応・アドバイスなどが中心になります。詳しくは以下のページで解説していますので、参考にしてください。

>> 介護派遣で時給アップを狙うなら介護福祉士に!|介護士派遣の基礎知識

>> ホームヘルパーと介護福祉士の違いとは?|介護士派遣の基礎知識

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプラン(サービス計画書)の作成やサービス事業者との調整を行う専門職のこと。「介護保険のスペシャリスト」だと言えます。ケアマネジャーの仕事は多岐にわたりますが、主な業務は以下のとおりです。

ケアマネジャーの仕事内容01:ケアマネジメント

ケアマネジャーは、高齢者が介護保険サービスを利用する際に必要なケアプランを作成し、介護サービス事業者と連携を取り、利用者(高齢者)が適切なサービスを受けられるようにサポートします。高齢者の介護度が変わったり、達成したい目標が変わったりした場合はケアプランを作り直します。

ケアマネジャーの仕事内容02:介護保険の給付管理

ケアマネジャーは、介護保険給付金の給付管理も行います。介護保険が適用されて介護給付が行われる場合、事業者がケアプランどおりにサービスを提供したかどうかを確認したうえで、国民健康保険団体連合会に必要書類を送ります。事業所に対してきちんと給付金が支払われるようにします。

ケアマネジャーの仕事内容03:要介護認定のための調査

高齢者が介護サービスを利用する場合は、その前に市区町村による要介護認定が行われます。その際、ケアマネジャーは要介護認定のための調査を行います。高齢者本人や家族から心身状態などをヒアリングした結果が、要介護認定の判断材料となります。

ケアマネジャーの仕事内容04:介護サービス事業者と介護サービス利用者をつなぐ

ケアマネジャーは、介護サービス事業所と介護サービス利用者(高齢者)をつなぐパイプ役となります。介護保険サービスは、訪問介護、通所介護、居宅介護など様々な形態があり、事業所の数も多いため、利用者自身で最適な事業所を探すのは難しいのが現状です。そこで、ケアマネジャーが事業者やサービスの情報を利用者に提供します。

介護福祉士とケアマネジャーの違い

ケアマネジャーは、「高齢者やその家族と介護事業者の橋渡し」のポジションとして機能します。一方で、介護福祉士は、介護現場のプロとして「介護現場のリーダー」としての役割を担います。

ケアマネジャーがケアプラン(介護計画)立てる人であり、実際に介護サービスや支援サービスは提供しません。それに対して、介護福祉士はケアマネジャーが立てたケアプランに従って、介護サービスを提供する人です。介護保険による介護サービスを行う場合は、原則としてケアプランどおりのサービスを行わなければなりません。介護福祉士が、自らの判断でケアプランを変更することはできません。

また、介護福祉士には介護現場の実務や技術についての知識が求められるのに対し、ケアマネジャーは介護保険も含めた介護全般の知識が求められます。

介護派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。