介護福祉士と社会福祉士の違いとは?|介護士派遣の基礎知識

今、介護業界で注目が高まっている資格が「介護福祉士」です。これから介護派遣で働こうとお考えの方は、介護福祉士の資格を取得すれば、かなり有利な就労ができるでしょう。そんな介護福祉士と混同されがちなのが、同じく介護業界で活躍する「社会福祉士」です。

今回は「介護福祉士と社会福祉士の違い」について解説していきます。介護派遣として働くなら、両者の違いはしっかり押さえておきましょう。

介護福祉士とは?

介護福祉士とは、高齢者や身体が不自由な方の介護をする専門職のこと。仕事内容は、食事や入浴、車いすでの移動補助などの身体介護や、社会福祉施設利用者の相談対応・アドバイスなどがメインになります。介護福祉士の詳細は、以下でご確認ください。

>> 介護派遣で時給アップを狙うなら介護福祉士に!|介護士派遣の基礎知識 

>> ホームヘルパーと介護福祉士の違いとは?|介護士派遣の基礎知識 

社会福祉士とは?

社会福祉士とは、日常生活を営むうえで何らかの問題・困難を抱える人、またその家族の相談に応じ、助言や指導、福祉サービスの紹介をする専門職で「ソーシャルワーカー」とも呼ばれます。

●社会福祉士の仕事内容「相談業務」

社会的支援を必要としている人やその家族の相談に応じ、最適な支援や福祉サービスの提案を行います。

●社会福祉士の仕事内容「関係機関との連絡・調整」

相談者が適切な福祉サービスを受けられるよう、行政機関や関係事業所などの連絡・調整を行います。

介護福祉士と社会福祉士の違い

●活躍するフィールドが違う

介護福祉士は文字どおり、老人ホームやデイサービスなどの介護現場に特化したスペシャリストですが、社会福祉士は介護業界に限らず幅広いフィールドで活躍します。

社会福祉士が活躍する領域としては、身体上・精神上の障害がある人の支援、高齢者介護、生活困窮者の支援、児童福祉など社会福祉分野のすべてが対象になります。職場で見ても、高齢者施設から、障害者支援施設、地域包括支援センター、病院、児童相談所、また学校や少年院まで様々です。

●仕事内容が違う

介護福祉士は、要介護者に対して介護サービスを提供します。高齢者や身体の不自由な方に対して、直接介護を行うのが特徴です。そのため、入浴・食事・排泄など直接介護に関する技術・知識が求められ、一定の体力も必要になります。

一方、社会福祉士は、日常生活において支援を必要とする人の相談に応じ、相談者が安心して日常生活を送れる環境を整えます。分かりやすく言えば、「福祉サービスと相談者をつなぐ」イメージです。直接、介護は行わないため体力仕事ではありませんが、福祉関係の法律・制度に関する知識や、心理学・カウンセリングに関する知識などが求められます。

●資格・難易度が違う

介護福祉士も社会福祉士も介護福祉の国家資格ですが、資格の取得方法や受験資格などに違いがあり、もちろん難易度も異なります。合格率を見ると、介護福祉士よりも社会福祉士のほうが難易度が高いと言えます。そのため、介護福祉士からのステップアップとして、社会福祉士を目指す人も少なくありません。

介護派遣・福祉派遣はプロバイドジャパンで!

高齢化が進むとともに、心身に問題を抱える人が増加する今、福祉の幅広い分野で活躍できる社会福祉士の需要は高まっています。現在、介護福祉士や社会福祉士をはじめとする福祉系専門職は、待遇の改善が進められています。福祉の分野でステップアップを望むなら、介護福祉士と社会福祉士の「ダブルライセンス」を狙ってみるのもいいですね。

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣・福祉派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。