施工管理派遣でキャリアアップ!~電気工事施工管理技士になろう~

環境保全・エコへの関心が高まる昨今、電気・電力に対する考え方も従来とは変わりつつあります。安定した電力エネルギーを供給するとともに、電気を効率的に利用することが求められるようになった今、「電気工事施工管理技士」の仕事に注目が集まっています。

今回は、施工管理技士の第5弾として「電気工事施工管理技士」について解説していきましょう。

電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士とは、電気工事を管理・監督する専門職のこと。電気工事・配線に関する施工計画の作成から、電気工事の工程管理・品質管理・安全管理まで、幅広い業務に携わります。

なお、電気工事関連の資格として「電気工事士」「電気主任技術者」という資格もあります。電気工事士や電気主任技術者は自ら電気工事を行ったり、電気設備の保守・点検を行ったりします。一方で、電気工事施工管理技士は、電気工事現場の監督・責任者となって彼らのような技術者を統括します。電気工事現場をまとめる管理能力や指導能力が求められる存在だと言えるでしょう。

電気工事施工管理技士のやりがい

今、社会全体に「環境保全」「エコ」の考え方が浸透してきました。「スマートグリッド構想」など、これからの電気業界は、安定した電力エネルギーの供給と効率的な利用が求められるようになっていきます。そんななか、電気工事施工管理技士が果たす役割は非常に重要なものになっています。

大きな建物になるほど電気設備の工事は複雑化・高度化します。環境保全に配慮しながら、電力エネルギを維持する、その電気工事をいかに効率的に安全に進められるかは、電気工事施工管理技士の技術や采配にかかっているといってもよいでしょう。

電気工事施工管理技士になるには?

電気工事施工管理技士になるには、建設業振興基金が実施する検定試験に合格する必要があります。他の施工管理技士の資格と同様に、電気工事施工管理技士も1級・2級に分かれています。1級と2級で職務内容に差はありませんが、請け負える仕事の規模に差があり、1級は大規模な電気工事現場で、2級は中小規模の電気工事現場で監督を任されます。

1級電気工事施工管理技士

1級電気工事施工管理技士の資格を取得すると、一般建設業・特定建設業の営業所ごとに置く「専任技術者」、現場ごとに置く「主任技術者」や「監理技術者」になることができます。もちろん、2級に比べると1級の有資格者のほうが評価も高くなります。

1級電気工事施工管理技士の受験資格や試験内容などの詳細は、以下のページを参照してください。

>> 一般財団法人建設業振興基金 試験研修本部

2級電気工事施工管理技士

2級電気工事施工管理技士の資格を取得すると、一般建設業の営業所ごとに置く「専任技術者」や、現場ごとに置く「主任技術者」になることができます。1級に比べ、担当できる電気工事現場の規模は小さくなりますが、2級の範囲でできる現場監督を必要としている電気工事現場はたくさんあります。1級へのステップアップの位置づけで、ひとまず2級電気工事施工管理士を取得しておくのも一つの手です。

2級電気工事施工管理技士の受験資格や試験内容などの詳細は、以下のページを参照してください。

>> 一般財団法人建設業振興基金 試験研修本部

施工管理派遣はプロバイドジャパンで!

電気工事施工管理技士の資格を取れば、正社員でも派遣社員でも、活躍の場が広がっていきます。資格取得による手当支給や昇給・昇進も望めますし、重要な仕事を任される機会も増えるはず。1級電気工事施工管理技士を取得すれば、有名な建設会社の仕事に携わるチャンスも増えてくるでしょう。

プロバイドジャパンでは、数多くの電気工事施工管理技士の派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。