コールセンター派遣が人気の理由は?メリットやデメリット

派遣で働く人に根強い人気があるのが、コールセンターです。近年、お客様の声が集まる重要なセクションとして、多くの企業がコールセンターの見直しを進めており、コールセンタースタッフの需要も高まっています。今回は、コールセンター派遣で働くメリット・デメリットを見ていきましょう。

コールセンターってどんな仕事

コールセンターの仕事は電話対応ですが、電話対応は受信(インバウント)と発信(アウトバウンド)に分けられます。

受信(インバウンド)

インバウンドは、電話を受ける仕事です。商品の注文対応などのカスタマーサポート、パソコンの操作説明などのテクニカルサポート、クレーム対応などが主な業務になります。

発信(アウトバウンド)

アウトバウンドは、電話をかける仕事です。商品・サービスを案内してアポイントの獲得を目指す電話営業(テレアポ)や、リサーチやアンケートを目的とするテレマーケティング(テレマ)が主な業務になります。

受信業務も発信業務も、相手の顔が見えない状況下で的確な対応をするのが仕事であり、特にインバウンド業務は、企業のイメージを大きく左右すると言われています。

コールセンター派遣のメリット

未経験者でも働ける

コールセンター派遣は、未経験者でも採用されやすいのが特徴です。コールセンターには、テクニカルサポートやクレーム対応など、経験・スキルが求められる業務もありますが、未経験者でも対応できる仕事も多くあります。そのため、未経験者の採用にも積極的です。また、コールセンターは「誰が電話を受けても同じ対応ができる」ことを目指すため、研修・マニュアルが充実しているところが多いです。その点も、安心材料になるでしょう。

柔軟に働ける

そもそも派遣社員はシフト制で働くことが多いですが、特にコールセンターは柔軟なシフトで働くことができます。たとえば、午前中のみ1日3時間の勤務や、24時間対応のコールセンターでは夜に2時間だけの勤務、毎日稼働しているコールセンターでは土日だけの勤務といった働き方も可能です。子育て中の方や、資格取得のために勉強中の方、プライベートを充実させたい方はもちろん、副業・ダブルワークとして取り組みたい人にも人気です。

高時給の仕事も多い

最近は、コールセンター業務に力を入れる企業が多いため、コールセンター派遣の時給も高くなっています。コールセンターのなかでも、営業系アウトバウンドやテクニカルサポートなど、経験や専門知識を求められる部門では、時給が1,500円を超える仕事もあります。また、営業系アウトバウンドはインセンティブを取り入れていることもあるため、高収入にチャレンジしたい人には向いているでしょう。

コミュニケーション能力が向上する

コールセンター派遣では、最初の研修で正しい言葉づかいを身に付けることができます。間違えやすい敬語なども学ぶことができるので、普段から言葉づかいに自信を持てるようになるでしょう。コールセンターの仕事は、「聞く」「話す」というコミュニケーションの基本を学べる仕事です。電話でのやり取りは、対面でのやり取りよりも難しくなりますが、そのぶん、続けているうちに自然とコミュニケーション能力(理解力・伝達力)が向上していきます。

コールセンター派遣のデメリット

座りっぱなし

コールセンターの仕事は、基本的に座りっぱなしの仕事です。長い時間、座ることに慣れていない人は、最初はつらいかもしれません。姿勢が悪いと腰や背中を痛めてしまうこともあるため、常に良い姿勢を心がけるようにしましょう。

クレーム対応

クレームのないコールセンターはありません。朝一から怒りの電話を受けるケースもあり、精神的につらい思いをすることもあるでしょう。新人のうちはベテランスタッフに対応を替わってもらえますが、いずれは自分で対応できるようにならなければいけません。

コールセンター派遣はプロバイドジャパンで!

コールセンターでは、クレーム対応などの重い仕事もありますが、自分の対応でお客様に満足してもらえたときや、お客様から感謝の言葉をもらったときには大きなやりがいを感じられますし、自分自身の成長にもつながります。人と話すことが好きな方やコミュニケーション能力を磨きたい方は、コールセンター派遣を検討してみてはいかがでしょうか。

プロバイドジャパンでは、数多くのコールセンター派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、コールセンター派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。