システムエンジニア派遣のメリット・デメリットとは?

派遣という勤務形態は、どんな職種であれメリット・デメリットがあります。自分にとっての理想の働き方や将来のビジョンを考慮したうえでメリットのほうが大きいと考えるなら、迷わず派遣を選ぶべきでしょう。今回は。システムエンジニア派遣のメリット・デメリットを解説していきましょう。

システムエンジニア派遣のメリット

01:ずっと現場で活躍できる

システムエンジニアは、正社員としてキャリアを重ねていくと次第に役職も上がり、やがて管理職を任されるようになります。管理職になると、事務処理などの管理業務に時間を割かれたり、全社レベルの会議に参加したりと、徐々に現場の仕事から離れていくようになります。システムエンジニアに就く人は「職人気質」でいつまでも最前線で腕を磨きたいと考える人も多いため、管理職になることを好まない人も少なくありません。

その点、派遣社員であれば、ずっと現場で働き続けられます。常に最新技術を学びながら、スペシャリストとして長期にわたって活躍したい人は派遣を選ぶのがいいでしょう。

02:成長&キャリアアップが期待できる

正社員で働く場合、その会社の文化・ルールのなかでずっと仕事をしていくため、マンネリ・限界を感じてしまう人もいるようです。成長できるかどうかはその人次第ですが、どうしても一つの会社の中にいると外の世界が見えないため、多角的な視点を持ちにくく成長スピードも鈍りがちです。

その点、派遣であれば、案件ごとに職場を変える働き方が前提になるため、様々な環境で経験を積むことができ、豊富な人脈が得られます。有名企業で働くことも不可能ではなく、最先端の技術を学び続けることができます。そういった環境に身を置くことで、スキルアップへ&キャリアアップへの最短距離を進むことができるはずです。

03:高収入を狙える

派遣業界のなかでも、システムエンジニアはかなり高時給・高収入の部類に入ります。企業側としても、システムエンジニアを正社員として雇用して毎月給与を支払うのはリスクがあり、それよりもプロジェクト単位で派遣のシステムエンジニアを高時給で活用したほうが「コスパが良い」と考える企業が増えています。

派遣エンジニアは案件単位の「助っ人」であり、正社員よりも高時給というケースも少なくありません。スキルと経験を積み上げるほど高時給・高収入を実現できるのは、派遣のシステムエンジニアの大きな魅力です。

04:ライフスタイルに合わせて働ける

派遣社員は、正社員のように拘束時間も長くなく、残業も少ないです。派遣期間や勤務地、勤務曜日・時間も比較的自由に選べます。家族・子どもとの時間を大切にしたい人や、ダブルワークをしたい人、趣味の時間を確保したい人など、ライフスタイルに合わせて働けるのは派遣のメリットだと言えるでしょう。

システムエンジニア派遣のデメリット

01:環境の変化が激しく不安定

派遣社員の場合、雇用期間が終われば、新たな現場で新しい仕事に取り組むことになります。現場が変わることで、新しい環境や新しい仕事に慣れるのに時間がかかる人もいるでしょう。次の案件が決まるまでに期間が空いてしまうケースもあります。また、会社の経営が悪化した場合などは、正社員より先にリストラに遭うのは派遣社員です。こういった点が、人によってはデメリットになることもあります。

02:福利厚生では正社員に劣る

派遣社員の場合、保険まわりや産休・育休など福利厚生の面で、正社員レベルの待遇を望むのが難しいケースもあります。また、派遣社員は交通費や賞与が支給されないケースが多いです。ただし、福利厚生が手厚い案件や交通費が支給される案件がないわけではありませんので、そのあたりを重視する方は探してみる価値はあるでしょう。

システムエンジニア派遣はプロバイドジャパンで!

様々な現場で数多くの仕事に触れたいという方は、派遣のシステムエンジニアに向いています。専門的な知識・スキルや身に付けるとともに、豊富な人脈を得ることを望むなら、派遣のシステムエンジニアを目指してみるのがいいのではないでしょうか。

プロバイドジャパンでは、数多くのシステムエンジニア派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、システムエンジニア派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。