システムエンジニア(SE)派遣で働くなら知っておきたい基礎用語【その2】

システムエンジニア(SE)を目指す方は、派遣社員からキャリアをスタートするのがおすすめ。派遣社員であれば、初歩的な仕事から任せてもらえるため段階的に知識を習得できますし、残業がないため勉強時間も確保できます。

派遣SEで働くにあたっては、最低限の業界用語を理解しておく必要があります。スムーズに就業できるよう、事前に基本的な用語は押さえておきましょう。

>> 「サーバ」「組み込み系システム」「アジャイル開発」など、システムエンジニア(SE)派遣で働くなら知っておきたい基礎用語【その1】はこちら

システムエンジニア(SE)関連用語 7選

データベース

データベース(Database)とは、相互に関連するデータを1箇所に集約・整理したデータの集合体のこと。「DB」と略されることもあります。データベースの目的は、データの保管はもちろん、複数のユーザーや複数のアプリケーションでデータを共有・参照すること、検索・抽出すること、加工・再利用することなどです。

インフラ

インフラとは「基盤」という意味で、IT業界でインフラ(ITインフラ)と言えば、システムを稼動させる基盤となる設備・機器を指します。ITインフラは大きくハードウェアとソフトウェアから構成されています。ハードウェアとは、コンピュータなどの物理的に存在するもので、サーバやネットワーク機器などもハードウェアになります。ソフトウェアは、OSやミドルウェアなどのことを言います。

オンプレミス

オンプレミスとは、ITリソース・機材を自社内に設置して、管理・運用することを言います。サーバなどのハードウェアを自社内に設置してユーザー自身が管理・運用するため、「自社運用」とも呼ばれます。

オンプレミスは、サーバ構築に時間がかかるほか、初期コスト・運用コストが高いのがデメリットですが、ユーザーのビジネスに合わせて自由にカスタマイズできるメリットがあります。

オフショア開発

オフショア開発とは、システム開発の全部または一部を海外に委託することです。中国やインド、東南アジアがオフショア開発の代表的な委託先で、一部を委託する場合、プログラミングやテストの工程を委託するのが一般的です。

メリット
人件費が安価な海外に委託することで、システム開発のコストを削減できます。また、昨今は国内のITエンジニア不足が深刻なため、海外の労働力を活用するという狙いもあります。日本に比べスキルが高く若い人材も多いため、システム開発に必要な人材を比較的容易に確保できます。

デメリット
言語や習慣の違いからスムーズなコミュニケーションが難しいケースがあります。コミュニケーションミスなどが原因で品質面・納期面でトラブルが発生することがあり、トラブルに対しても迅速な対応が困難になります。

ニアショア開発

ニアショア開発とは、システム開発の全部または一部を国内の地方都市に委託することです。オフショア開発は海外に委託しますが、ニアショア開発は国内でも比較的人件費の安い地域に委託します。

メリット
沖縄など人件費の安い地方都市に委託することで、システム開発のコストを抑えられます。また、オフショア開発と違い、日本人が作業するため意思疎通がスムーズ。認識のズレが起こりにくく、品質を担保するうえでもメリットがあります。

デメリット
ニアショア開発の大きな目的はコスト削減ですが、オフショア開発のような大幅なコスト削減は見込めません。また、ITエンジニアが不足している日本国内に委託するため、優秀なエンジニアを確保できないリスクもあります。

ビッグデータ

ビッグデータとは、膨大なデジタルデータの集まりのこと。近年、クラウドコンピューティングの普及によってビッグデータの分析が容易になり、様々な場面でビッグデータが活用されるようになりました。イメージしやすいのが、Amazonなどの通販サイトです。ユーザーの属性や行動履歴・購入履歴などのビッグデータをもとに、「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」「この商品を買った人はこんな商品も買っています」と最適な商品をレコメンドしたり、好みに合わせて広告を出し分けたりしています。

ビッグデータはすでに高速道路の混雑予測やがん対策、製造業や農業の業務改善など様々な業界で活用されており、その可能性に大きな期待がかかっています。

API

API(Application Programming Interface)とは、外部のアプリケーション・ソフトウェアの機能を呼び出して利用するための手順・ルールを定めたものです。たとえば、Googleは、Google MapsやGoogle Calendarなどの機能をAPIとして公開しています。

APIを使えば外部のアプリケーションと連携できるため、開発者はゼロから開発することなく短いコードを記述するだけでその機能を利用したアプリケーションを作成できます。

システムエンジニア派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くのシステムエンジニア派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、SE派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。