チャイルドマインダーになろう!|保育士派遣の基礎知識

派遣社員として給料アップ・待遇アップを狙うなら「資格取得」がいちばんの近道。もちろん、保育業界においても言えることです。今回は、保育関連の資格のなかでも注目度が高まっている「チャイルドマインダー」について解説していきます。

チャイルドマインダーは、保育士としてさらにスキルアップしたい方にもオススメですし、保育業界で働きたいけど保育士の資格はハードルが高い・・・という方にもオススメです。

チャイルドマインダーとは?

チャイルドマインダーとは、家庭的保育・少人数保育の専門職のこと。チャイルドマインダーは民間資格なので、資格認定をしている団体の養成講座を受講して試験に合格する必要があります。

保育士とチャイルドマインダーの違い

上述のとおり、チャイルドマインダーは民間資格であるのに対し、保育士は国家資格です。また、保育する子どもの人数も異なります。チャイルドマインダーが預かることができる子どもの人数は、0歳児は2人まで、1歳児は3人まで、2~4歳児は4人までです。一方で保育士は、0歳児は3人、1~2歳児は6人、3歳児は20人、4~5歳児は30人と定められています(市区町村によって異なる場合があります)。

チャイルドマインダーは、少人数保育・家庭的保育を実践するのに対し、保育士は集団保育がメインになります。少人数保育と集団保育には良し悪しがありますが、保護者からすると、子どもの個性を尊重してもらい、密な保育を受けられるのがチャイルドマインダーの魅力だと言えるでしょう。一方で、集団保育は、年齢が異なる多くの子どもたちとのコミュニケーションを通して、集団生活のルールを学べるのがメリットだとされます。

保育士がチャイルドマインダーの資格を取るメリットとは?

保育士のなかにはチャイルドマインダーの資格を取得する人もいますし、保育士を辞めてチャイルドマインダーに転身する人もいます。

保育士がチャイルドマインダーを取得する大きなメリットとしては、少人数保育・家庭的保育の知識を得られることがあるでしょう。また、チャイルドマインダーの講座では、子どもの急病やケガの応急手当を学ぶことができるため、万が一のときも落ち着いて対処できるようになります。

また、チャイルドマインダーは独立・開業に適した資格だと言えます。チャイルドマインダーの働き方としては、自宅で託児所を開業したり、訪問して保育サービスをする事業所を起ち上げたりする方も少なくありません。独立志向のある方や、ライフスタイルに合わせて保育の仕事をしたい方、現在働いている保育園の方針と合わない方などは、チャイルドマインダーを取得して開業を目指すのもいいですね。

保育派遣はプロバイドジャパンで!

チャイルドマインダーはイギリスでは古くからメジャーな職業ですが、近年、保育ニーズの多様化とともに日本でもチャイルドマインダーの価値が高まりつつあります。

資格認定をしている団体によって異なりますが、試験の合格率は70~90%と言われます。それほど難易度の高い資格ではないので、働きながらでも十分取得が可能です。すでに保育業界で働いている方も、これから保育業界にチャレンジしようという方も、チャイルドマインダーの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

プロバイドジャパンでは、数多くの保育派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。