ブランクが武器になる!?保育士派遣の基礎知識

「出産や育児、他業種への転職で保育士の職を離れていたが、また保育士として働きたい」という方はたくさんいます。このような方々にとっての大きな懸念が、「ブランクが不利にならないか・・・」ということです。今回は、ブランクからの復帰を考えている保育士さんに向けて、保育士業界の現状や派遣保育士という働き方について解説していきます。

「ブランクあり」が歓迎される保育士業界

しばらくの間、保育の現場から離れていると、「ブランクが長いけど、雇ってくれる保育園はあるのかな・・・」「自分の知識・技術が今でも通用するのかな・・・」といった不安が先に立つと思います。しかし、心配しすぎる必要はありません。

ご存知のとおり、近年は保育園不足や待機児童が社会問題になっていますが、その要因の一つが「慢性的な保育士不足」です。人手不足に陥っている保育園にとっては、ブランクがあるとはいえ実務経験のある保育士さんは「貴重な人材」だと言えます。雇用する側からすれば、ブランクから復帰する保育士さんは教育コストも少なく済むため、「新卒の未経験者より頼りになる」と考える保育園は少なくありません。実際に派遣業界においても、保育士は「ブランクのある方歓迎」という求人の多さが目立ちます。

ブランクが保育士としての「強み」になる!

出産・育児でブランクがある保育士さんの場合

子どもを相手にする保育士という職業柄、出産・育児の経験は大きなアドバンテージになります。実際に子育てを経験すると、子どもの心理や子どもの発達への理解が深まりますし、親の立場から子どものことを考えられるようになります。

その結果、子どもへの接し方がうまくなり、コミュニケーションがスムーズに進みます。また、お母さんの気持ちも理解できるようになるため、保護者にとっても安心材料になります。このように、出産・育児を経験したからこそ分かることもあるのです。

他業種に転職してブランクがある保育士さんの場合

保育業界はよく「閉鎖的」だと言われますが、それが原因で様々な弊害が生まれている現状があります。このような体質を改善するため、他業界からの人材を積極的に受け入れる保育園も増えています。

たとえば、一般企業で身に付けたスキルを保育の現場で生かせるケースは多々あります。ずっと「保育畑」にいる人にはないような考え方・アイデアを持っている人も多いため、保育現場を活性化させる存在にもなり得ます。「保育の仕事に戻りたい」という意欲があれば、他業種への転職によるブランクが問題になることはないでしょう。

派遣保育士なら家事・育児と両立できる!

ブランクからの復帰を考えている保育士さんのなかには、「以前より年をとったし、体力的についていけるのかな・・・」「家事・育児が忙しいけど、仕事と両立できるのかな・・・」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ブランクから復帰する場合、フルタイムの正社員だと体力的に難しい場合もあると思います。また、働きながら家事・育児をこなすのは、体力的にも精神的にもタフさが必要です。

このような心配がある方には、「派遣保育士」がおすすめです。派遣保育士の最大のメリットは、ライフスタイルに合わせてフレキシブルに働けること。勤務時間・勤務曜日を限定して働くこともできますし、扶養の範囲内で勤務することもできます。もちろん、派遣保育士であれば残業もないため、家事や育児との両立も難しくはありません。

保育園探しも楽ちん!

派遣社員であれば、保育園探しも楽ちんです。派遣会社に登録して希望の条件を伝えれば、担当者が最適な保育園を紹介してくれます。職場見学や面接などのスケジュール調整も、担当者がサポートしてくれるので安心です。

職場とのミスマッチを防げるのも、派遣保育士のメリットです。派遣なら、ひとまず働いてみて保育園の特徴や雰囲気をチェックすることも可能。合わないと感じたら、契約満了とともに他の保育園を紹介してもらうこともできます。一定期間働いてみて、その保育園が気に入れば正社員登用の可能性がある「紹介予定派遣」という働き方を視野に入れてもいいでしょう。

保育士派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの保育士派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育士派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。