リトミック指導員になって子どもたちに音楽の楽しさを|保育士派遣の基礎知識

保育士としてのキャリアアップを目指したい方や、今後、保育派遣などにチャレンジしたい方へ、保育の仕事に活かせる資格をご紹介。今回は「リトミック指導員」をピックアップして解説していきます。

リトミックって何?

リトミックとは、スイスの音楽家であるエミール・ジャック=ダルクローズが開発した、子どものための音楽教育手法のことです。リズム遊びやダンス・歌などを通して子どもたちの音楽の素養を養うとともに、音楽に合わせて体を動かして表現することを楽しみながら、感性や創造力を育むことを目的としています。

音楽を通して子どもたちの豊かな心を育てるリトミックは、幼児の習いごととしても人気が高く、リトミックを取り入れる保育園・幼稚園も増えています。

幼児リトミックの効果

音楽に合わせて、歌ったり、踊ったり、タンバリンを叩いたり。

曲調に合わせて、笑ったり、悲しい顔をしたり、怒った仕草をしたり。

リトミックは音楽を楽しみながら、自然に音感やリズム感を身につけていきます。また、ストーリー性を持たせた音楽を聞きながら、子どもたちが想像を膨らませて表現することで、感性や創造力を育んでいきます。

決まった振付けを実践するダンスに対し、リトミックの動きには正解がなく、自由度が高いのが特徴。内面のイメージを自由に体で表現するため、自己表現力やコミュニケーション力の醸成にもつながります。また、同年団の子どもたちと一緒に楽しみながら体を動かすので、社会性・協調性も身に付きます。

リトミック指導員になるには?

リトミック指導員とは、文字どおり、リトミックを教える講師のこと。リトミックを教えるために資格は必要ありませんが、専門的な知識・テクニックがなければ効果的な指導はできません。効果的なリトミック指導を行うためには、学校・スクールで講習を受けて資格認定を受けるのがおすすめです。

リトミックは、いくつかの民間機関が指導員の認定制度を設けています。これらの機関で学ぶことで、リトミックの知識や教え方などを体系的に理解でき、認定試験に合格すればリトミック指導員の認定を受けることができます。カリキュラムや受講料などの詳細は、各機関のWebサイトを参照してください。

>> 国立音楽院 
>> リトミック研究センター 
>> リトピュアリトミック 
>> 日本ジャック=ダルクローズ協会 
>> NPO法人 日本こども教育センター 

なお、リトミック指導員は演奏者ではないため、ピアノのスキルは必要ありませんが、指導にピアノを使うケースはあるため、演奏できるに越したことはありません。保育園などの現場では、ピアノを弾ける人のほうが有利です。子どもたちの動きを見ながら、アドリブで弾けるくらいのスキルがある人は重宝されるでしょう。

リトミック指導員の活躍場所

リトミック指導員が活躍する場所としては、主に保育園・幼稚園や音楽教室・スポーツ教室などがあります。また、リトミック教室の講師をしたり、ピアノの先生兼リトミック指導員として活躍したり、様々な働き方ができます。

昨今は社会人向けのリトミックや、高齢者の認知症予防のためのリトミックの需要も高まっており、カルチャースクールや介護現場などで働くリトミック指導員も増えています。

保育士・保育派遣としてのスキルアップに!

リトミックに注目が集まる近年、リトミック指導員の資格を持った保育士は活躍の場を広げています。保育士がリトミック指導者の資格を取得すれば、保育のバリエーションを増やすことができますし、音楽教育に力を入れている保育園への就職・転職にも役立つでしょう。

リトミック指導員は、チャイルドマインダー 運動保育士 、絵本専門士と同様に、保育士・保育派遣のスキルアップの一つの手段になります。現役の保育士さんだけでなく、音楽が好きで子どもたちに音楽の楽しさを教えたい方、音楽系の大学・短大を卒業している方、ピアノを弾ける方などは、ぜひリトミック指導員の資格を取得してみてはいかがでしょうか。

保育派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの保育派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。