介護事務資格を取得するメリットとは?|介護士派遣の基礎知識

超高齢化社会の到来により、介護系の仕事の需要が高まっているのはみなさんご存知のとおりです。そんななか「介護事務」の仕事も注目度が高まっており、介護事務資格を取得する人も増えています。正社員でも派遣社員でも、「有利な就職・転職がしたい」「キャリアアップを図りたい」という方は、介護事務資格を取得してみてはいかがでしょうか?

今回は、介護事務資格についての概要とメリットを解説していきます。

介護事務ってどんな仕事?

介護事務のメイン業務は、「介護報酬請求業務(レセプト作成)」です。介護報酬請求業務とは、介護報酬を国民健康保険団体連合会(国保連)に請求する仕事です。

老人ホームや訪問介護ステーションなどの「介護サービス事業所」で介護サービスを利用した人は、実際にかかった金額のうち1~2割を自己負担します。残りの8~9割は、介護保険や市区町村などの負担となります。そのため、介護サービス事業所は、残りの8~9割を各都道府県の国保連に請求する必要があるのです。その際、介護報酬のルールに則って介護給付費明細書(レセプト)を作成・請求するのが介護報酬請求業務というわけです。

介護サービス事業所が安定した運営をしていくためには、介護保険制度の専門知識があり、正しく介護報酬を計算・請求できる介護事務が必要なのです。

なお、介護事務が手がける業務は、介護保険請求業務だけではありません。事業所によって異なりますが、以下のような業務をおこなうのが一般的です。

・事業所の受付
・利用者・家族からの問い合わせ対応
・介護職員の勤怠管理・給与計算
・ケアマネージャーの補佐
・連携機関との連絡調整
・書類作成・備品発注
・介護現場のヘルプ など

介護事務資格を取得するメリット

就職・転職に有利!

介護事務の仕事は資格がなくてもできますが、介護事務資格を持っていることで、「介護保険に関する専門知識がある」「介護保険請求業務について正しく理解している」という証明になり、就職・転職に有利になります。すでに介護業界で働いている人も介護事務資格を取得すれば、給与・待遇などの面で評価アップにつながるでしょう。

なお、介護事務資格を有する人が活躍できる場所は、介護保険サービスを提供する事業所すべてです。以下のように、幅広い場所で必要とされる存在です。

・介護老人保健施設
・特別養護老人ホーム
・認知症型グループホーム
・有料老人ホーム
・訪問介護ステーション
・訪問看護ステーション
・福祉用具レンタル事業所
・在宅介護支援センター
・介護サービス人材派遣
・病院・診療所 など

勤務形態を柔軟に決められる!

介護事務資格があれば、正社員・派遣社員・パートなど、自分に合った勤務形態を選べます。たとえば、子育て期間は派遣社員やパートで働いて、子育てが落ち着いたら正社員として働くなど、ライフスタイルに合わせて働くことが可能です。また、ブランクがあっても復職しやすいのもメリット。もちろん、身につけた知識・技術は全国で通用するので、将来、転居の予定がある場合でも安心です。

年齢を気にせず長く働ける!

一般的な介護スタッフは、力仕事がメインになります。20代・30代のうちは頑張れても、40代・50代になってくると体力が衰えてくるもの。そのため、多くの介護職員の方は「この仕事、いつまで続けられるだろうか・・・」といった不安を抱えていると思います。その点でも、介護事務はデスクワークが中心なので、体力にかかわらず長く働き続けられます。将来的に事務仕事にシフトすることを考えても、介護事務資格があればスムーズです。

介護事務資格を取得するには?

介護事務資格は国家資格ではなく、複数の民間資格が併存しているのが現状です。民間資格の種類によって、取得方法や試験の出題内容・合格率などは変わってきます。主要な介護事務資格については、別の機会に解説していこうと思います。

介護派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。