介護派遣、人間関係の悩みはこうして解消!|介護士派遣の基礎知識

介護派遣で働く方の悩みとして少なくないのが、人間関係の悩みです。「派遣社員だから悩みを抱えてしまう」という側面もありますが、逆に「派遣社員だから悩みが大きくなる前に解消しやすい」というメリットもあります。今回は、介護派遣スタッフが派遣先の人間関係で悩んだときの対策をお教えします。

派遣ならではの悩みとは?

正社員も派遣社員も含め、すべてのスタッフが仲良く円満に働いている介護施設もあります。介護派遣で働くならそんな職場を選びたいものですが、残念ながら、就労前に人間関係を見きわめるのは至難の業。実際に働いて、先輩たちとコミュニケーションをとってみてはじめて感じられるのが人間関係です。

特に、正社員と派遣社員は、勤務スタイル・時間から立場・責任まで違うため、両者の間には距離があります。もちろん、その人の性格・キャラクターなどにもよりますが、正社員と派遣社員が垣根を取り払って良好な人間関係を築くまでには時間がかかるものです。

人間関係の悩みはこうして解消しよう!

期間限定だと割り切る

介護派遣スタッフにとって派遣先の介護施設は「ずっと働き続ける場所」ではなく、ある意味、「期間限定の職場」です。派遣という勤務スタイルのメリットは、職場の人間関係に深入りしなくて済むことです。

派遣先のスタッフとは一線を引いて、ビジネスライクな関係でOKだと割り切ることができれば、深く悩むことはなくなるでしょう。うまく割り切ることができる人は、期間限定の派遣社員ではあるものの、逆に長く働いていけるものです。

派遣会社に相談する

派遣先の人間関係の悪さから、理不尽な対応・態度などをされるようなら、派遣会社の担当者に相談しましょう。派遣会社から派遣先へのアプローチによって、改善が見込める場合もあります。特に最近は、「パワハラ」「セクハラ」が社会問題になっており、雇用側も無視できない問題になっているため、功を奏するケースもあります。

なお、派遣会社の担当者からしたら、いきなり「辞めたい!」と言われても困ります。「人間関係が合わない」「仕事内容が説明と違う」など、悩みが生まれた段階で報告・相談しておくことで、実際に退職を申し出る際にも理解を得られやすくなります。

勤務先を変える

派遣で働くメリットの一つは、職場を変更しやすいことです。顔も見たくないほど大嫌いな上司・同僚がいるなら、我慢して働き続ける必要はありません。派遣会社の担当者に相談して、他の介護施設を紹介してもらいましょう。いろいろな職場で経験を積めるのも、派遣の大きなメリットなのです。

ただし、契約期間中の自己都合による退職はNGです。派遣社員として就労した以上、契約期間は職務をまっとうするのがルールです。この点を踏まえると、最初の契約期間は短めに設定してもらうのがおすすめです。派遣社員の立場からしても、無駄な時間を過ごさずに済みますし、介護施設側も、「合わないスタッフに我慢して働いてもらうより、早く別のスタッフを紹介してほしい」と考えるはずです。介護派遣は、1~2ヶ月の短期契約からスタートするのがいいでしょう。

介護派遣はプロバイドジャパンで!

人間関係の悩みを抱えたまま働いていると、自分がつらいのはもちろん、仕事・サービスの質にも影響が及んでしまいます。悩みが深くなると、介護という仕事自体が嫌いになってしまいます。そうなる前に、勤務先を変えるなどの対策を講じてくださいね。

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。