介護食アドバイザーになって高齢者に食べる喜びを!|介護士派遣の基礎知識

今、介護業界で注目が高まっている資格が「介護食アドバイザー」です。すでに介護士として働いている方は、介護職アドバイザーになることで待遇アップが期待できます。これから介護業界にチャレンジしてみようという方も、介護食アドバイザーの資格があれば、正社員でも派遣社員でも有利に転職活動を進められるでしょう。今回は、介護食アドバイザーについて解説していきます。

介護食アドバイザーとは?

介護食アドバイザーとは、介護食を通して高齢者に生きがいを与えるスペシャリスト。食に関する正しい基礎知識を有したうえで、高齢者の心と身体の健康状態を考慮した介護食をつくることができることを証明する民間資格です。

資格の認定をおこなっているのは、一般財団法人「日本能力開発推進協会」です。同協会のホームページでは、介護食アドバイザーを以下のように定義しています。

(介護食アドバイザーは)高齢者の心理、高齢者の生理機能の老化、栄養素摂取のポイント、高齢者の体の特徴と食事の関係、誤飲防止のポイントなどの専門的知識を総合的に学び、介護食レシピを実践する技術を備えていることを証明する資格です。
引用:介護食アドバイザー資格 | 日本能力開発推進協会(JADP)

介護食とは?

私たちは、年を重ねていくと咀嚼力(食べ物を噛む力)や嚥下機能(食べ物を飲み込む力)などの生理機能が低下していきます。そうなると、徐々に食べ物をうまく食べられなくなってきます。現在、日本は超高齢社会を迎えていますが、そのなかで誤嚥による事故・病気など、高齢者の食に関する問題が増えています。このような問題を解消するために、高齢者が食べやすいように工夫して調理したのが「介護食」です。

介護食をつくるには知識・技術が必要であり、正しい知識・技術を有する人を認定するために誕生したのが「介護食アドバイザー」です。高齢者の安全な食生活を支え、いくつになっても食べる喜びを実感できるようにサポートするのが介護食アドバイザーの使命だと言えます。

介護食アドバイザーになるには?

介護食アドバイザーになるには、日本能力開発推進協会が指定する認定教育機関などで通信講座を受け、すべてのカリキュラムを修了する必要があります。そのうえで、試験に合格すれば「介護食アドバイザー資格」の称号が与えられます。

講座の受講期間は約4ヵ月で、一般的な受講費用は5万円前後です。試験は在宅で受けることができ、受験料は5,600円(税込)です。なお、試験では以下のような内容が問われます。

・高齢者の心理
・栄養学の基礎知識
・介護食の基礎知識
・高齢期の病気と食生活

介護食アドバイザーになるメリット

介護食アドバイザーは、「介護食」が必要な介護・医療の現場で求められる存在です。それだけでなく、飲食業界・食品業界においても、高齢者向けの新商品開発などに貢献できる可能性を秘めています。また、家族介護においても、介護食アドバイザーの知識があれば常に安心・安全な食事をつくることができるでしょう。

介護の現場でキャリアアップ!

老人保健施設や障害者福祉施設など、介護の現場では介護食の専門知識を持つ人が求められています。介護食アドバイザーになれば、食事・献立に関するアドバイスができますし、栄養士と連携して介護食をより良くすることに貢献できます。貢献度によっては、給料・待遇アップも期待できるでしょう。

介護福祉士や栄養士の資格を有する人が、プラスして介護食アドバイザーの資格を取れば、さらなるキャリアアップにつながるはずです。

医療の現場で活躍できる!

介護食アドバイザーとしての知識・技術は、医療現場で病院食を提供するシーンでも活かされます。また、患者さんやそのご家族に直接、毎日の食事に関するアドバイスができるのも、大きな強みになるでしょう。

介護派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。