保育園・幼稚園の年間行事を知る(春・夏編)|保育士派遣の基礎知識

保育園・幼稚園では、年間を通して様々な行事・イベントがおこなわれます。これらの行事は、子どもたちにとっては大きな楽しみ。大人になると、「保育園のことなんて覚えていない」という人がほとんどですが、イベントの思い出だけは記憶に残っているという人は多いものです。

今回は、保育士として働くなら知っておきたい「保育園・幼稚園の一般的な年間行事」をご紹介していきましょう。

保育士にとっての行事・イベント

保育園・幼稚園でおこなわれる行事・イベントについて、「やりがいになっている」と言う保育士さんはたくさんいます。毎回、行事のたびに企画をして、準備をして、実施をしてという一連の流れは大変ですが、子どもたちの楽しそうな顔を見ることができるのは保育士の特権。行事を無事に終えたときの達成感はひとしおです。

大きな行事・イベントでは、正社員も派遣社員もスタッフ全員が協力して成功に導く必要があるので、スタッフ間の連携も深まっていきます。また、節分やハロウィン、クリスマスなどのイベントでは、仮装して「なりきる」のが楽しいと感じる保育士さんも多いようですね。保育士として働くなら、行事・イベントを仕事へのモチベーションに変えていきたいものです。

春・夏の行事

保育園・幼稚園の行事は、季節行事のほかお誕生日会などのイベントなどもあります。また、子どもたちだけでおこなう行事だけでなく、保護者も参加しておこなう行事など様々です。なお、今回は春・夏の行事を、次回は秋・冬の行事をご紹介していきますが、園によっては実施時期が異なる場合もあります。

4月の主な行事:入園式・始業式・健康診断など

入園式は1年のスタートとなる行事で、年度初めにおこなわれます。保育士にとっては、新たな園児との出会いのイベント。入園したばかりのお子さんのなかにはデリケートな気持ちを抱えた子もいますので、リラックスさせてあげるような対応が必要です。

5月の主な行事:端午の節句(こどもの日)・母の日・遠足など

こどもの日は、屋外にこいのぼりを飾ったり、かぶとをつくって被ったりする園が多くあります。遠足は、保護者も参加する「親子遠足」の形でおこなう園が多く、行き先は様々ですが公園や動物園、水族館が人気です。母の日は、お母さんの似顔絵を書いたり、プレゼントを渡したりします。ただし、近年は片親世帯が増加していることもあり、母の日や父の日の行事を取りやめる園も多くなっています。

6月の主な行事:保育参観・避難訓練・父の日など

保育参観は通常、年に3~4回ほどおこなわれますが、1回目を6月頃におこなう園が多いようです。親御さんに、お子さんのありのままの姿を見てもらうことが目的なので、親御さんが参観していることを子どもたちに意識させないようにする工夫が必要です。父の日は、お父さんの似顔絵を書いたり、プレゼントを渡したりしますが、母の日と同じ理由から父の日のイベントを取りやめる園も多くなっています。

7月の主な行事:七夕会・プール開き・お泊まり保育など

七夕会は、七夕の飾りつけをして短冊に願いごとを書きます。プール開きでは、水かけ遊びをおこないます。初めてのプールではしゃぎ過ぎてしまう子もいるため、水深の浅いプールとはいえ保育士さんは常に安全面に配慮する必要があります。お泊まり保育は、親元を離れて一泊することで自立心を芽生えさせる行事です。

8月の主な行事:夕涼み会(夏祭り)など

8月はお盆休み・夏休みがあるため、行事は少なめです。保護者も参加する夕涼み会(夏祭り)を実施する園が多くあります。夕涼み会では、子どもたちが浴衣・甚平を着たりして、お店屋さんごっこやゲーム大会、盆踊りなどをして楽しみます。

9月の主な行事:十五夜(お月見会)・保育参観など

お月見会は、お月見の由来を絵本で学んだり、うさぎのお面をつくって被ったり、ススキを飾ってお団子を食べたり、十五夜を鑑賞したりします。また、保育参観を9月におこなう園も多くあります。

保育派遣はプロバイドジャパンで!

保育園・幼稚園の行事・イベントは、子どもたちの楽しい思い出づくりはもちろん、保育士にとってもやりがいのあるものです。正社員も派遣社員も手を携えて、行事を成功へと導きたいものですね。

プロバイドジャパンでは、数多くの保育派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。