保育士が注目する資格「絵本専門士」とは?|保育士派遣の基礎知識

保育士としてのキャリアアップを目指したい方や、今後、保育派遣などにチャレンジしたい方へ、保育の仕事に活かせる資格をご紹介。今回は「絵本専門士」をピックアップして解説していきます。

絵本専門士とは?

絵本専門士は、2014年に独立行政法人「国立青少年教育振興機構」によって設けられた民間資格で、絵本の魅力を伝えるエキスパートとして、近年活躍の場を広げつつあります。同機構では、絵本専門士を「絵本に関する高度な知識、技能および感性を備えた絵本の専門家」と定義しています。絵本に関する知識や読み聞かせの技能を高め、子どもたちの感性や好奇心を育むのが絵本専門士の役割だと言えるでしょう。

絵本専門士、誕生の背景

絵本は、子どもの言語能力や理解力、想像力や創造力、感性や人格を育むうえで非常に重要な役割を果たすものです。近年、幼児期から絵本に親しむことが、子どもの発育に大変良い影響を与えることが分かっており、子どもの頃に絵本を多く読んだ子どもとあまり読まなかった子どもでは、大人になってからの能力に大きな開きが生じるというデータもあるほどです。

子どもに対してだけでなく、たとえば医療機関やリハビリセンターでも精神医学の観点から絵本の効果が注目されています。このような背景もあり、絵本専門士の資格制度が創設されました。

絵本専門士の仕事内容と活躍の場所

絵本専門士は、保育園・幼稚園などの保育現場では、絵本の読み聞かせのエキスパートとして子どもたちの健全な成長を支えていきます。保育現場に限らず学校や公民館、図書館や書店、また高齢者施設などでも、読み聞かせのほか、絵本に関する研修会・ワークショップの講師をするなど、幅広い場所での活躍が期待されています。

絵本専門士になるには?

絵本専門士は、合計50時間程度の授業と修了課題からなる「絵本専門士養成講座」を修了し、一定以上の成績を修めることで資格の認定が受けられます。絵本専門士の応募資格など、詳細は以下からご確認ください。

>>絵本専門士 | 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

絵本専門士に望まれる主な資質・能力

国立青少年教育振興機構のWebサイトにある「絵本専門士リーフレット」では、絵本専門士に望まれる資質・能力として、以下のように記載されています。

・選択力:子どもの発達段階に応じた絵本を選択する力
・指導力:研修会などの講師として指導する力。個人やグループに対してアドバイスできる力。ワークショップを運営する力。
・表現力:物事を論理的に相手に分かりやすく説明する力。感情の共有化、共感する力。
・コミュニケーション力:相手との適切な意思疎通ができる力
・企画力:絵本に関わる事業を企画、実施する力
・コーディネート力:個人やグループをネットワーク化する(結びつける)力
※絵本専門士リーフレットより転載・抜粋

保育士・保育派遣としてのスキルアップに!

絵本専門士の資格を取得すると、絵本に詳しくなるのはもちろん、子どもたちに対してより質の高い保育ができるようになります。自身のスキルアップにつながり、給料・待遇アップの材料にもなるはずです。将来的には、自分で絵本のワークショップを開催したり、企業で絵本づくりの企画に参画したり、図書館や教育機関で絵本の講師として登壇したりと、活躍の場を広げていくことができます。子どもたちの心を惹きつけるオリジナルの絵本をつくる、といったことも夢ではありません。

子どもたちが絵本の世界に入り込めるよう読み聞かせを上達させたい方や、絵本を通して子どもたちの豊かな心を育みたいという方は、ぜひ絵本専門士にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

保育派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの保育派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。