保育士のやりがいを考える|保育士派遣の基礎知識

保育士は、よく「大変な仕事」だと言われます。しかし、大変なだけの仕事なら誰も保育士にはなりません。保育士としてイキイキと楽しく働いている人がいるのは、やはり大変さの裏側に「保育士だから感じられるやりがい」があるからでしょう。

今回は、保育士という仕事のやりがいについて。はじめて保育業界で働くことをお考えの方や、保育派遣での就労を検討している方はぜひご一読ください。

保育士として仕事のやりがいを感じるとき

子どもの成長を一緒に喜べたとき

幼児期の子どもは、脳の働きも身体的な能力も、日々めざましい発達をとげています。「昨日はできなかったことが、今日できるようになる」といったことが普通に起きるのです。そして、できなかったことが初めてできたとき、子どもはとびきりの笑顔を見せてくれます。

そんな子どもの成長を目の当たりにして、子どもと一緒になって喜べる瞬間は、保育士にとっていちばん幸せな瞬間かもしれません。その日のお迎えのとき、親御さんに「今日は○○ができるようになりましたよ」と報告して、親御さんと一緒に喜べるのも嬉しいですね。

自分自身の成長を感じられたとき

子どもは裏表がなく、自分に対しても相手に対しても素直です。保育士は、そんな子どもとのやりとりのなかで、また子ども同士のやりとりを見ているなかで、「ハッ」とさせられる瞬間がたくさんあります。

子どもは、大人が忘れかけていた「大切なこと」をあらためて気付かせてくれる存在です。実際に多くの保育士さんが、「子どもの成長をサポートしているつもりだったが、実は自分自身が成長させてもらっていた」と言います。日々の仕事のなかで「子どもの心」に触れることで、自分自身が純粋になれたり、優しくなれたり、ささいなことに感動できたりするようになるのです。

親御さんと信頼関係を築けたとき

保育士の仕事をしていると、送り迎えのときに親御さんに話しかけられたり、家庭での出来事を報告してもらったり、子育ての相談をされたりすることがあります。こういったことは、親御さんから信頼されている証なので、保育士にとっては嬉しいことです。

保育士と保護者は「大人と大人の関係」ではありますが、やはり保育士が子どもに慕われていないと親御さんとの信頼関係も築きにくくなります。子どもから信頼され、親からも信頼される保育士になれたら、それは大きなやりがいになるはずです。卒園式の日、子どもからも親御さんからも感謝の言葉をもらえる保育士を目指したいものですね。

行事・イベントを成功に導けたとき

保育士は、入園式、運動会、七夕祭、クリスマス会、学芸会、卒園式など、行事・イベントが多い仕事です。一つひとつのイベントのたびに、「今年はどんな内容にしようか?」と企画して、準備して、実施・運営してと、大変な時期を迎えます。

ですが、このような苦労も、イベントを楽しむ子どもたちの笑顔を見れば報われますし、無事にイベントを終えたときの達成感はひとしおです。事務職や販売員の仕事は単調になりがちですが、ある意味、保育士の仕事は年間を通してメリハリのある仕事だと言えるでしょう。

保育派遣はプロバイドジャパンで!

毎日大変な保育士の仕事ですが、「社会に貢献している」という意識を持つことができたら、さらにやりがいを感じることができるでしょう。子どもを預かってくれる保育のプロがいるから、親御さんは安心して働きに出られるのです。正社員であっても派遣社員・パートであっても、保育士は女性が安心して働ける社会づくりに貢献していることは間違いありません。

プロバイドジャパンでは、数多くの保育派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。