保育士は「派遣」と「パート」どっちがいい?|保育士派遣の基礎知識

「保育士として働きたいけど、フルタイムは難しい・・・」という方の選択肢になるのが「派遣」と「パート」です。派遣もパートも、短時間勤務や扶養内勤務ができるのが魅力で、ワークライフバランスを重視して働くことができます。育児中の方や私生活を充実させたい方など、ライフスタイルに合わせて働きたい方に人気です。

保育士は、派遣もパートも基本的に給与形態は同じで、勤務時間に応じた時給制。仕事内容にも大きな違いはありません。では、両者の違いはどこにあるのでしょうか? 今回は、保育士の「派遣とパートの違い」を比較していきましょう。

派遣保育士とパート保育士は何が違う?

派遣保育士のほうが時給が高い

一般的には、パートより派遣の保育士のほうが高い時給で働くことができます。派遣保育士は、保育施設の直接雇用ではなく、派遣会社から保育施設に派遣されて働きます。保育施設が保育士を採用しようと思ったとき、派遣社員なら自ら採用活動をする必要もなく、広告出稿など採用活動にかかるコストも削減できます。加えて、派遣社員なら採用後の社会保険料も派遣会社が負担してくれます。その分、派遣社員に支払う時給に還元され、直接雇用のパートよりも高めの時給になっているケースが多くあります。

また、保育現場では保育士が急に辞めてしまうケースも少なくありません。そうなると、保育施設は早急に保育士を確保する必要がありますが、直接雇用のパートを募集するとなると時間がかかります。一方で、派遣保育士なら派遣会社に依頼すればスピーディーに紹介してもらえます。「少々、人件費が高くても早く欲しい」のが多くの保育施設の本音であり、必要なときにすぐに派遣してもらえる派遣保育士はニーズが高まっているのです。

具体的には、派遣保育士の時給は1,200円~1,500円程度の求人が多くあります。パート保育士の時給は1,000円~1,200円程度の求人が多いようです。

派遣保育士のほうが職場を変えやすい

派遣社員は契約期間が決まっているため、契約期間の満了とともに職場を変えるケースも多くあります。職場に馴染めないときや嫌がらせなどがあった場合は、無理に同じ職場で働き続ける必要はなく、派遣会社にその旨を伝えることでスムーズに新しい職場を紹介してもらえるのがメリットだと言えます。

一方で、直接雇用のパートは基本的には同じ職場で働き続けることが前提となっています。職場の環境が悪いからといって、安易に職場を変える選択をするのは難しいでしょう。もちろん辞めることはできますが、再び転職活動をする手間・労力もかかります。

派遣保育士のリスクを挙げるとすれば、自分としては職場を気に入っていたとしても、契約満了のタイミングで保育施設側に更新してもらえない可能性はあります。

派遣保育士のほうが残業が発生しにくい

派遣もパートも、基本的にシフトに基づいて働きます。ただし、パートの場合は残業をお願いされたり、シフトの変更をお願いされたりするケースがあるようです。もちろん断ることもできますが、直接雇用であるため、人間関係などを考えると難しいケースもあるでしょう。

一方、派遣保育士はあくまでも外部のスタッフです。保育施設は派遣会社との間で労働時間や時間外賃金などの取り決めをしているため、派遣保育士に契約で定められている以上のことは頼みにくいものです。パートに比べると無理を言われにくく、残業などが発生しにくいのはメリットだと言えます。

保育派遣はプロバイドジャパンで!

腰を据えて長期的に働いていくならパートのほうが安定しますし、環境を変えるのが苦手な方はパート保育士を選ぶのがいいかもしれません。一方で、短期的にフレキシブルに働きたい方や、いろんな場所で働きたい方、また高い時給を望む人は派遣保育士のほうがいいでしょう。

プロバイドジャパンでは、数多くの保育派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。