保育英語検定でバイリンガル保育士に!|保育士派遣の基礎知識

保育士としてのキャリアアップを目指したい方や、今後、保育派遣などにチャレンジしたい方へ、保育の仕事に活かせる資格をご紹介。

今回は「保育英語検定」について解説していきます。

保育英語検定とは?

保育英語検定とは、「一般社団法人 保育英語検定協会」がおこなう民間検定で、英語保育に資する英語力を認定するものです。同協会のWebサイトによると、保育英語検定の目的は「日本の国際的なグローバル化に対応できる幼稚園教諭・保育士の養成の一環として、乳幼児の保育に必要な英語力を身につけること」とされています。

保育英語検定を取得することで、保育・幼児教育の現場で使える英語を習得できます。つまり、保育英語検定は、園児や保護者と英語でコミュニケーションをとれる人材を育成するための取り組みだと言えるでしょう。

保育英語検定スタートの背景

グローバル化が進む今、小学校でも英語教育がはじまりました。英語教育の低年齢化の波は、保育の業界にも押し寄せており、保育園・幼稚園などの保育施設でも積極的に「英語保育」を取り入れるところが増えています。これには、子どもたちが日常生活のなかで日本語と同じように自然に英語に親しむことで、英語に対してしての苦手意識が生まれないようにする狙いがあります。

現場レベルでも、外国人の園児や保護者が増えてきて、日本語が苦手な外国人園児・保護者とのコミュニケーションに苦労する保育施設が増えてきたと問題もありました。そんななか、2011年に新設されたのが保育英語検定です。

保育英語検定を取得するメリット

これからの時代、英語でコミュニケーションをとれる保育スタッフは、園にとっても保護者にとっても頼もしい存在になります。正社員でも派遣社員でも保育英語検定を取得している人は、保育施設で重宝されるだけでなく、手当の支給なども期待できるでしょう。英語保育に力を入れる保育施設で働きやすくなるのはもちろん、幼児教室などで「こども英会話講師」として働く道なども拓けます。

赤ちゃん言葉・幼児言葉を英語で習得!

保育英語検定の大きな特徴として、赤ちゃん言葉や幼児言葉を英語で学び、保育現場で使える英語力を身につける点があります。そのため、英検やTOEFL・TOEICなどで一定のスコアを出している人にとっても、保育英語検定はまた違った難しさがあると思います。

保育英語検定は以下のとおり、難易度によって6つの級に分かれています。

・5級(入門レベル):語彙力 約200語
・4級(初級レベル):語彙力 約500語
・3級(基礎レベル):語彙力 約1,000語
・2級(補助レベル):語彙力 約2,000語
・準1級(実務レベル):語彙力 約3,000語
・1級(専門レベル):語彙力 約5,000語

試験内容や試験時間、受験料などは級によって異なります。詳細は、保育英語検定協会のWebサイトでご確認ください。
>> 一般社団法人 保育英語検定協会

なお、保育英語検定は誰でも受験できます。保育士資格を有する人が合格すると、級に応じて「イングリッシュ エキスパート保育士証」「イングリッシュ マスター保育士証」「イングリッシュ プリマスター保育士証」「イングリッシュ サポート保育士証」といった資格証が発行されます。一般の合格者には「○級保育英語士証」が発行されます。

まとめ

これからの保育士・保育スタッフには、保育やピアノのスキルだけでなく英語力も求められるようになっていきます。以下のような方は、保育英語検定にぜひチャレンジしてみてください。

・保育士としてさらにステップアップしたい方
・英語保育に関心のある保育士・保育スタッフの方
・これから保育士・保育スタッフとして働きたい方
・今働いている保育施設に外国人の園児・保護者が多い方
・自分の子どもに英語を教え、英語に親しんでもらいたい方
・ある程度、英語ができるが、子ども向けの表現も豊かにしたい方

保育派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの保育派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。