出産後、独学で保育士資格を取れる?

妊娠・出産を機に前職をリタイアして、専業主婦になる方は多くいます。みなさん、子育てがひと段落した頃に「そろそろ再就職を!」と考えますが、専業主婦でブランクがある方が再就職するのは簡単なことではありません。そんな現実を目の当たりにすると、「何か資格を取ろうかな・・・」と考えたりもしますよね。

子育てにひと息ついたママに人気の資格が「保育士」です。女性は、妊娠・出産を経て子育てを経験すると、苦労も多い反面、子どもと触れ合うことが楽しくなり、自分の子どもだけでなく「子どもそのもの」に興味を抱くようになるものです。かけがえのない育児体験を重ねるなかで、小さな子どもの成長を見守る保育士という資格にチャレンジしてみようと考えるのは自然なことかもしれませんね。

今回は、保育士資格について解説していきましょう。

保育士の試験って誰でも受けられる?

保育士は国家資格であり、保育士として働くには試験をパスする必要があります。この保育士試験には受験資格があり、誰でも試験を受けられるわけではありません。以下が、受験資格の主なポイントです

(1)大学に2年以上在学して62単位以上修得した人

(2)短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程の卒業者

(3)平成3年3月31日までの高校卒業者

(4)平成8年3月31日までの高校保育科卒業者

(5)上記(3)(4)以外の人で高校卒業後、児童福祉施設等で2年以上の勤務で、かつ総勤務時間数で2,880時間以上、児童の保護に従事した経験のある人

(6)児童福祉施設等で5年以上の勤務で、かつ総勤務時間数で7,200時間以上、児童の保護に従事した経験のある人 など

たとえば、平成4年以降の高卒者は、一定の実務経験がないと受験資格が認められません。受験資格の詳細については、以下のサイトを確認するようにしましょう。

>> 保育士試験の受験資格|一般社団法人全国保育士養成協議会

保育士試験って難しいの?

受験資格を満たしていれば、保育士試験を受けることができますが、次に気になるのは保育士試験の仕組みや難易度でしょう。

保育士試験は、9科目の筆記試験(マークシート択一式)+実技試験があり、筆記試験の全科目に合格すると実技試験に進むことができます。筆記試験の合格ラインは、各科目100点満点のうち6割以上。ただし、合格した科目は3年間持ち越しできるため、一度の受験で全科目合格しなくても大丈夫です。

保育士試験の合格率

保育士試験の合格率は、平成25年度は17.4%、平成26年度は19.3%、平成27年度は22.8%。この数字から明らかなように、決して難易度の低い試験ではありませんが、こればかりは努力次第です。主婦の方で自ら書籍などを使って独学で合格する方もいますし、仕事をしながら通信講座を受講して合格を勝ち取る方も増えています。

今後、ますます需要が拡大する保育士資格

今、待機児童問題を解消するカギとしてクローズアップされているのが保育士の存在です。保育士は、今後ますます社会的な需要が高まる職業だと言えるでしょう。育児を経験して保育の仕事に興味を持った方、また出産後のスムーズな再就職をお考えの方は、思いきって保育士資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。