勤務先によって異なるコールセンターの仕事内容|プロバイドジャパン

勤務先によって異なるコールセンターの仕事内容

コールセンターとひと言で言っても、会社、業務内容や取り扱っている商材は様々です。

そのため、コールセンターで働く場合は、いくつか選択肢があるので、向き不向きなどを考慮しながら選ぶことが出来ます。

どんな点を比較することが出来るでしょうか?

 

受信業務か発信業務か

まず、コールセンターにはお客様からかかってきた電話に対応する受信業務(インバウンド)と、

こちら側からお客様に電話をかける発信業務(アウトバウンド)の大きくわけて2種類があります。

受信業務の中には、商品の注文を受ける業務や、商品の説明を行う問い合わせに対応する業務、

クレーム対応などが含まれています。

発信業務には、営業や調査のために電話をかける業務が含まれます。

営業要素が強く、お客様が話したいとは限らない環境での電話であるため、

受信に比べ発信の方が苦手という人が多いようですが、詳細なマニュアルが用意されていますし、

自分のタイミングでかけられるので挑戦してみると案外楽だったという場合もあるようです。

 

パソコン操作の有無

コールセンターというと電話対応のみというイメージがあるかもしれませんが、会社によってはパソコン操作が必要な場合もあります。

情報がシステム化されている場合が多いので、データを確認しながら電話するという簡単な操作だけの場合もあれば、

お客様と会話しながら、パソコンに入力していくという操作スピードが求められる場合もあります。

電話後にゆっくりパソコン入力できる場合は、パソコン操作が苦にならない人にとっては、一休みできる時間になるかもしれません。

求人条件でパソコン操作の有無を確認するようにしましょう。

 

専門のコールセンターで働く

冒頭で述べた通りコールセンターが取り扱う商材は様々です。

クレジットカード会社や保険会社、化粧品の販売、建築、リフォームなど、扱う商材が様々なだけに、

同じ受信業務でも商材によって向き不向きもあるかもしれません。

何も知識がない商品を案内するより、知識があると安心して自信をもって話せるものです。

建設会社や保険会社など、今まで働いたことのある職種のコールセンターをあえて選ぶことも出来るでしょう。

逆に、コールセンターが専門という会社では、様々な商材や調査のための発信業務を短期で扱うところもあります。

数か月おきに内容が変わるのでマニュアルを覚え直す必要がありますが、記憶力に自信がある人や、

コールセンターでの業務が好きな人にとっては、様々な商材を知る事ができるというメリットもあるので楽しむことが出来ます。

 

コールセンターには、発信業務と受信業務、パソコン操作の有無、扱う商材の違いなど、選択肢がいくつもあります。

大抵の条件は、求人情報の募集条件や仕事内容から確認することができます。苦手意識のあるものは、避けることが出来ますし、

逆に自分の得意分野や長所をいかせる方法で働ける会社を選ぶ事も出来るでしょう。