子育て支援員とは?保育士になるのに有利?

保育園・保育所で働く人の職種として、保育士以外に「保育補助」というものがあることは「保育士資格がなくても保育園で働けるって本当?」で解説したとおりです。この保育補助として働く人などが、時給アップ、キャリアアップを図るために「子育て支援員」になるケースが増えています。

今回は、子育て支援員の概要やメリットなどを説明していきます。

子育て支援員とは?

子育て支援員とは、各自治体で行われる研修を修了しており、子育て支援の分野で働くうえで必要な知識・技術を身に付けていると認められる人のこと。子育て支援員の制度は、深刻な保育士不足を解消し、保育関連の仕事に就業する人を増やす目的で創設されました。

平成27年度に「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、定員19人以下の小規模保育や、保育者の自宅で行う家庭的保育が認可事業とされ、保育サービスの充実が図られました。それにともない、保育の現場での働き手も必要になることから、保育士の資格を持っていない人でも就業しやすいよう、子育て支援員の制度が設けられたのです。

子育て支援員になるには?

子育て支援員になるには、研修を修了する必要があります。各自治体で行われる20時間前後の研修を修了することで認定され、「子育て支援員研修修了証明書」の交付を受けることができます。

なお、この研修は「保育の仕事に就きたい」「子育て支援に携わりたい」と考えているすべての人が受講できます。保育士資格は必要ありませんし、子育て経験の有無も問われません。研修の詳細などは、各自治体のホームページをご覧ください。

子育て支援員のメリット

比較的簡単になれる

保育士資格は国家資格であり、簡単に合格できる試験ではないことは「出産後、独学で保育士資格を取れる?」で説明したとおりですが、子育て支援員は研修を受けるだけでなることができます。保育士のように試験に合格する必要はありません。しかも、お金もほとんどかかりません。テキスト代などがかかる場合もあるようですが、基本的に研修の受講料は無料です。

他の自治体でも活躍できる

子育て支援員の研修は自治体ごとに実施されています。一般的には、在住している自治体で研修を受けますが、「子育て支援員研修修了証明書」は全国共通で効力を有します。そのため、研修を受けた自治体以外でも子育て支援員として保育の仕事に就くことができます。

希望する就業先に合わせてコースを選べる

子育て支援員になった人は、家庭的保育、小規模保育、学童保育、乳児院、児童養護施設、事業所内保育所、地域子育て支援拠点などで働くことが想定されています。子育て支援員の研修は様々なコースが用意されており、自分が働きたい就業先やその形態に合わせてコースを選べます。

保育補助としてのステップアップ、保育士へのチャレンジがしやすい

今、保育補助の仕事をしている人は子育て支援員になることで、給料アップが望めるでしょう。また、子育て支援員として実務経験を重ねながら保育士試験を目指す人も増えています。やはり、日頃から実務に携わっているほうが知識・技術の習得が早いため、子育て支援員は将来的に保育士試験へのチャレンジを考えている人にもおすすめです。