施工管理派遣でキャリアアップ!~建築施工管理技士になろう~

施工管理派遣で働く人が増えていることは、「施工管理派遣は2020東京五輪に向けてニーズが急増!」で解説したとおり。施工管理派遣でキャリアアップを目指すなら、施工管理技士の資格取得が必須だということもお伝えしました。

施工管理技士の資格は業種によって種類が分けられています。今回は、施工管理技士の一つである「建築施工管理技士」について解説していきましょう。

建築施工管理技士とは?

建築施工管理技士とは、建築工事現場において、工事の進行・指揮・監督をする専門職のこと。建築工事全般を担当し、主に施工計画の作成や、工事の品質管理・安全管理を行います。安全かつ円滑に工事を進められるかどうか、また質の高い建築物を完成させられるかどうかは、建築施工管理技士の手腕にかかっていると言えるでしょう。

現場全体を指揮するポジションになるため、常に全体を把握して工事を管理するという重大な役割を担います。大きな責任を伴うぶん、給料・手当なども好待遇が期待できます。

主任技術者と監理技術者

建設業法では、発注者から直接工事を請け負った建設業者が下請業者に外注する場合、その請負代金が4,000万円(建設一式工事の場合は6,000万円)未満であるとき、現場に「主任技術者」を配置しなければならないと規定されています。また、請負代金が4,000万円(建設一式工事の場合は6,000万円)以上になるときは、主任技術者に代わって「監理技術者」を配置する必要があるとされています。この主任技術者や監理技術者は、建築施工管理技士から選任されるのです。

1級と2級の違い

建築施工管理技士の資格は1級と2級に分かれています。1級と2級では、担当できる工事の規模が異なります。1級は工事規模に制限はありませんが、2級が担当できるのは中小規模の現場のみです。

1級建築施工管理技士は建設業を営むときに必要な「専任技術者」の職に就くことができます。また、建築工事現場に必ず置くべき主任技術者や監理技術者になることができます。一方で、2級建築施工管理技士は専任技術者、主任技術者になることはできますが、監理技術者にはなれません。

1級建築施工管理技士とは?

1級建築施工管理技士は、主に高層建築などの大規模工事に携わります。建築施工管理におけるすべての業務を担当し、施工計画、品質管理、工程管理、品質管理、安全管理などを行います。

1級建築施工管理技士になるには、国家試験(学科・実地)に合格する必要があります。受験資格や試験内容などの詳細は以下のページを参照してください。
>> 一般財団法人建設業振興基金 試験研修本部

なお、1級建築施工管理技士試験の合格率は例年、学科・実地ともに40~50%程度です。

2級建築施工管理技士とは?

2級建築施工管理技士は、主に中小規模の工事に携わり、施工計画を作成や工程管理、品質管理、安全管理などを行います。なお、2級建築施工管理技士の資格は「建築」「躯体」「仕上げ」の3種類に分かれています。建築に関するすべての工事を手がけるには、少なくとも3回は受験して、3種類の資格を取得しなければいけません。

2級建築施工管理技士になるには、国家試験(学科・実地)に合格する必要があります。受験資格や試験内容などの詳細は以下のページを参照してください。
>> 一般財団法人建設業振興基金 試験研修本部

なお、2級建築施工管理技士試験の合格率は例年、学科で40~50%程度、実地で30~35%程度です。

施工管理派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの施工管理の派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。