施工管理派遣でキャリアアップ!~管工事施工管理技士になろう~

施工管理派遣でキャリアアップを目指すなら、施工管理技士の資格を取得するのが手っ取り早い方法です。施工管理技士の資格は業種によって種類が分かれており、建築施工管理技士については、「施工管理派遣でキャリアアップ!~建築施工管理技士になろう~」で解説しました。今回は第2弾として、施工管理技士の一つである「管工事施工管理技士」についてご説明します。

管工事施工管理技士とは?

管工事施工管理技士とは、管工事の現場において工事の進行・指揮・監督をする専門職のこと。管工事の施工計画を立てるところから、安全管理、施工管理などを手がけます。管工事とは、建物内に水道管やガス管、ダクト管、給湯や空調などの「管」を設置・撤去・増設する工事全般を指します。

ちなみに、管工事施工管理技士の資格がなくても管工事に携わることはできますが、管工事現場の工程管理や品質管理、安全管理などを行うには管工事施工管理技士の資格が必要です。

管工事施工管理技士のやりがい

建物内に埋め込まれる管は、建物が完成すれば見えなくなります。そのため、管工事という仕事はある意味で「地味な仕事」かもしれません。しかし、もし管工事に欠陥があれば、その建物を利用する人はどうなるでしょうか? 空調ダクトや排水ダクトに不備あれば、快適に過ごすことはできません。ガス管に不備あれば大事故を招き、人命を脅かすリスクが生じることもあります。インフラ整備という意味でも、建物の省エネ化や災害対策という意味でも、大変重要な役割を果たすのが管工事なのです。

建物の規模が大きいほど必要な管の数が増え、管工事も複雑になります。数多くの管を的確に通すには施工計画に不備があってはいけません。また、管には様々な種類があり、それぞれの分野の技術者が関わります。緻密な施工計画を立て、技術者たちをまとめ上げ、円滑に工事を進めていけるかどうかは、管工事施工管理技士の手腕にかかっているのです。

管工事施工管理技士になるには?

他の施工管理技士の資格と同様に、管工事施工管理技士も1級・2級に分かれています。

1級管工事施工管理技士

1級管工事施工管理技士は、マンションや商業施設・公共施設など、主に大規模な管工事の施工計画を作成し、品質管理、工程管理、品質管理、安全管理などを行います。建設業法より特定建設業の営業所に置くことが求められている「専任技術者」や、工事現場ごとに置く必要のある「主任技術者」「監理技術者」になることができます。

1級管工事施工管理技士になるには、国家試験(学科・実地)に合格する必要があります。受験資格や試験内容などの詳細は以下のページを参照してください。

>> 1級管工事施工管理技術検定試験 | 一般財団法人全国建設研修センター

2級管工事施工管理技士

2級管工事施工管理技士は、主に中小規模の管工事に携わり、施工計画を作成や工程管理、品質管理、安全管理などを行います。建設業法により一般建設業の営業所に置くことが求められている「専任技術者」や、工事現場ごとにおく必要のある「主任技術者」となることができます。一方で、特定建設業の専任技術者になることはできません。

2級管工事施工管理技士になるには、国家試験(学科・実地)に合格する必要があります。受験資格や試験内容などの詳細は以下のページを参照してください。

>> 2級管工事施工管理技術検定試験 | 一般財団法人全国建設研修センター

施工管理派遣はプロバイドジャパンで!

管工事施工管理技士の就職先は、建築業者やガス・給水・空調の施工業者など幅広く、派遣の求人も豊富です。現在、国交省が女性の技術者育成に力を入れており、女性の管工事施工管理技士も増加傾向にあります。

プロバイドジャパンでは、数多くの管工事施工管理技士の派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。