施工管理派遣をするなら常識!「QCDSE」とは?

建築・建設業界で働くなら知っていて当たり前なのが「QCDSE」です。施工管理派遣で活躍するためには、「Q」「C」「D」「S」「E」、一つひとつの重要性を理解しておくだけでなく、この5つを両立させることが大きなポイントになってきます。今回は、「QCDSE」について解説していきます。

QCDSEの意味・定義

「QCDSE」とは、以下の5つの頭文字をとった言葉です。

・Quality:品質
・Cost:原価
・Delivery:工程・工期
・Safety:安全
・Environment:環境

分かりやすく言うと、「品質の優れた建築物を、原価を抑え、工期を遵守し、現場の安全を確保し、環境に配慮しながら作っていこう」というのを、ひと言で表したスローガンのようなものです。「QCDSE」の5つを的確に管理していくのが、施工管理派遣の仕事のすべてだと言っても過言ではありません。

なお、「QCD」は昔からビジネスシーンで一般的に使われてきた言葉です。「品質を上げること」「原価を抑えること」「納期を守ること」は、今も昔も変わらずどの業界でも重要なことですが、とりわけ建築・建設業界では、「QCD」だけでなく安全や環境にも配慮すべきだということで、「Safety」と「Environment」が加えられたわけです。それでは、「QCDSE」の5つの要素について一つずつご説明していきましょう。

Quality:品質管理

高品質な建築物をつくるには、厳格な品質管理が欠かせません。施工管理派遣の業務では、建築物の品質を確保するため、設計書どおりに工事が進んでいるか、耐震性、耐久性、耐火性といった建築基準を満たしているかなどを管理していきます。

Cost:原価管理

適正なコストで工事を進めていかないと、ゼネコンは利益を確保することができません。施工管理派遣の業務では、材料費、労務費、機械費、外注費をコントロールする原価管理も重要になってきます。工事中も、当初の予算どおりに工事が進んでいるのかをチェックし、オーバーしそうであれば計画を修正していきます。いかに品質を下げずにコストダウンを図れるかの工夫・ノウハウが求められます。

Delivery:工程管理・工期管理

工程管理・工期管理の目的は、工事を予定どおりに終わらせること。施工管理派遣の業務では毎日、進捗状況をチェックして、遅れが出ないようにスケジュールを管理します。もし、遅れが出そうであれば、どの工程で短縮を図れるかを検討して、スケジュールを調整していきます。

Safety:安全管理

建設・建築業界は、数ある産業のなかでも事故や災害が多い業界です。施工管理派遣の業務では、あらゆるところに危険が潜む現場において、いかに安全に工事を進められるかが重要です。どこに事故や災害のリスクがあるかを洗い出したら徹底してリスクを排除して、職人・スタッフの安全を管理していきます。

Environment:環境管理

環境管理の「環境」には、「自然環境」「周辺環境」「職場環境」の3つの意味があります。自然環境管理は、現場の空気や水、地盤や土壌などに悪影響が及ばないように管理することです。周辺環境管理は、騒音や振動、排水や粉塵、排気ガスなどで周辺住民に被害が及ばないように管理すること。職場環境管理は、職人・スタッフが働きやすい環境を整えられるよう管理することです。職場環境管理に関しては、以下の記事も参考にしてください。

>> 施工管理派遣をするなら知っておきたい「嫌われる現場監督の共通点」

QCDSEは5つのバランスがすべて!

施工管理の「QCDSE」は、もちろん5つすべてが重要ですが、品質を優先すればコストが高くなったり、工期が長くなったりします。工期を優先して無理に間に合わせようとすれば、品質が低下したり事故のリスクが高くなったりするかもしれません。このように「QCDSE」は、それぞれがトレードオフの関係になることが多々あります。

だからといって、どれかを無視したり、どれかを犠牲にしたりすることはできません。「QCDSE」のバランスをとることが最重要であり、これが施工管理の業務でもっとも難しいところだと言えます。逆に言えば、「QCDSE」のバランスをとることが施工管理の腕の見せどころであり、これができる施工管理は正社員であろうと派遣社員であろうと、どこに行っても重宝されるはずです。

施工管理派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの施工管理の派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、施工管理派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。