美容師も働き方改革を!派遣と業務委託のメリット・デメリット

近年、美容師の働き方は多様化しており、正社員で働くよりも派遣社員や業務委託を選ぶ人も増えています。派遣での就業をお考えの方は、業務委託と天秤にかけている人もいると思いますし、派遣と業務委託の違いがよく分からないという方もいるかもしれません。

今回は、派遣と業務委託を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。美容師としての働き方を考えるヒントにしてくださいね。

派遣美容師と業務委託の美容師の違いとは?

働き方(雇用関係)の違い

・派遣
派遣美容師は、派遣会社と雇用契約を結んだうえで、派遣先のサロンに行って仕事をします。雇用主は派遣会社ですが、基本的には派遣先サロンでの指示に従って働き、派遣先サロンの評価によって契約更新の有無や条件が左右されます。

・業務委託
業務委託の美容師は、基本的にフリーランス・個人事業主という立場でサロンから依頼を受けて仕事をします。サロンとの間に雇用関係はなく、「業務委託契約(請負契約・準委任契約)」を結び、その内容に準じて働きます。

賃金(給料・報酬)の違い

・派遣
派遣の場合、サロンから派遣会社に報酬が支払われ、美容師は派遣会社から賃金を受け取ります。通常は時給制で、当初の契約によって金額や勤務時間・勤務日数などが決められています。

・業務委託
業務委託の場合、美容師はサロンに雇用されていないので、給料制ではなく完全歩合制で働きます。契約で決めた内容に基づいて売上の一定割合をサロンに入れて、残りを報酬として受け取るのが一般的です。

社会保険の違い

・派遣
派遣美容師も、契約期間や月の勤務時間などの要件を満たせば、社会保険(健康保険、年金保険、雇用保険、労災保険)の加入対象になります。扶養の範囲内で働きたい場合などは、要件を満たさないような条件で派遣先を選ぶことになります。

・業務委託
業務委託の場合、社会保険はありません。サロンに雇用されないので当然、雇用保険はありませんし、労災保険もありません。年金保険は、自分で国民年金に加入して保険料の全額を支払います。健康保険も、自分で国民健康保険に加入して保険料の全額を支払います。会社員ではないので、年金保険料・健康保険料の半分を会社が支払ってくれることはありません。

派遣美容師と業務委託の美容師のメリット・デメリットとは?

メリット

・派遣
「働くサロンを選べること」「安定収入が得られること」「社会保険に加入できること」「職場の人間関係に巻き込まれないこと」「勤務時間を自分で決めて、ライフスタイルに合わせて働けること」などが、派遣美容師のメリットだと言えるでしょう。

また、様々なサロンで経験を積めるのも、派遣美容師の利点です。働いてみて「合わないな・・・」と思ったら、「契約を更新しない」という選択もできます。もし、勤務中にトラブルなどが起こったら、派遣会社に相談することもできます。

・業務委託
「自分の裁量ですべてを決められること」「自由に休みをとれること」「スキル次第で高収入を望めること」などが、業務委託の美容師のメリットだと言えるでしょう。

自分で働くサロンを決め、自分で契約条件を交渉して、自分のやり方・スタイルで働くことができるので、スキルのある方や固定客を持っている方は高収入を見込めます。

デメリット

・派遣
派遣契約は3ヶ月ごとに更新されるのが一般的ですが、派遣先のサロンが望まなければ契約が更新されないケースもあります。また、正社員と違ってボーナス(賞与)が支給されないのはデメリットだと言えるでしょう。

・業務委託
業務委託では、自らが事業主として働くので、仕事上のミスに対する責任はすべて自分が負うことになります。良い意味でも悪い意味でも「実力主義」なので、スキルが低いと好条件で働けないこともありますし、仕事が安定しないと思ったように稼げないリスクもあります。その他、社会保険や確定申告などの手続きはすべて自分でする必要があり、仕事以外の負担が大きくなる点もデメリットだと言えます。

派遣美容師はプロバイドジャパンで!

業務委託の美容師は、すでにキャリアが豊富で高単価の固定客が付いている方に向いていると言えます。一方で、デビューして間もない方やまだ実力が備わっていない方は、派遣美容師として経験を積むほうがおすすめです。

プロバイドジャパンでは、数多くの派遣美容師の案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。