認可保育園と無認可保育園の違いとは?|保育士派遣の基礎知識

保育園で働こうと思った場合、最初の選択肢になるのは「認可保育園と無認可保育園、どちらにしようか?」ということかもしれません。今回は、認可保育園と無認可保育園の違いについて解説していきましょう。

認可保育園とは?

認可保育園とは、国の児童福祉法に基づく認可を受けている保育園のことです。保育される人数に対する保育士の数や施設の広さ、設備、安全管理などの基準をクリアしており、国から認可を受けた施設が認可保育園となります。なお、認可保育園は公立と私立に分けられます。

無認可保育園とは?

認可保育園以外の保育施設は、すべて無認可保育園(認可外保育園)となります。なお、無認可保育園は私立のみです。

名称を混同しないように!

保育園のなかには、都道府県独自の認可を受けている施設もあります。東京都の「認証保育園」や神奈川県の「認定保育園」などは、それに当たります。認可保育園はあくまでも“国の認可”を受けた保育園なので、東京都の認証保育園や神奈川県の認定保育園は、無認可保育園という扱いになります。近年はその他にも、「認定こども園」という幼保一体型の施設も増えています。名称を混同しないように気をつけてくださいね。

認可保育園と無認可保育園、どっちで働く?

まず、気になる給与面ですが、平均で見ると無認可保育園より認可保育園のほうが高い傾向にあります。給与面での安定を求めるなら、認可保育園を選んだほうがいいかもしれません。ただし、無認可保育園の給与は経営状態や地域によってバラツキがあり、なかには認可保育園より高い施設もあります。

無認可と言うと、「設備が整っていない」「保育士の数が少ない」など、基準をクリアできない保育園だと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。もちろん設備・体制などが不十分な施設もありますが、認可による制約を受けたくないために、基準をクリアしているにもかかわらず、あえて無認可のままでいる保育園もあります。前者と後者では業務内容や職場環境、雇用条件などが大きく変わってくるため、就職・転職をお考えの方はしっかりと調査して見極めることが大切です。

一つ言えるのは、無認可保育園だからという理由だけで除外すると、就職・転職の選択肢を狭めてしまうだけです。無認可保育園には、以下のようなメリットがあることも知っておきましょう。

時間の融通が利く

無認可保育園の保育時間は施設によって異なります。早朝保育や夜間保育、延長保育や休日保育など、時間外保育が充実している園が多く、シフト制が採られている施設が多いので、働く側としては時間の融通が利きやすいと言えます。

自分に合った働き方ができる

無認可保育園は、正社員としてはもちろん、派遣で頑張りたい方や扶養の範囲内で働きたい方なども含め、幅広い条件で求人を選べます。また、保育士資格がなくても働ける施設が多いのもメリットだと言えるでしょう。

理想の保育スタイルを追求できる

認可保育園の場合、「理想とする保育ができない」「保育方針が合わない」という理由で、転職を決断する人も多いようです。一方で、無認可保育園はそれぞれの園が特色のある保育方針を掲げており、認可保育園にない“濃い保育”をしている園もたくさんあります。「保育方針が革新的」「子どもと深く関われる」「ユニークなイベントが多い」といった理由で無認可保育園への転職を選ぶ方も多くいます。保育園で生き生きと働きたいなら、やはり保育方針に共感できることは必須になってくるでしょう。