高齢者向け住宅とは?|介護士派遣の基礎知識

介護施設・老人ホームは「有料老人ホーム」「高齢者向け住宅」「介護保険施設」「各種地域密着型施設」「軽費老人ホーム」の5つの種別に分類されます。有料老人ホームの詳細は「有料老人ホームとは?」で解説したとおりです。今回は、「高齢者向け住宅」にフォーカスして解説していきます。

介護業界では派遣社員の活用が急ピッチで進んでいますが、ひと言で「介護派遣」と言っても、働く施設は多岐にわたります。勤務する施設によって派遣スタッフの業務内容は大きく変わってきますので、就業してから「イメージしていた仕事と違う・・・」とならないよう、施設ごとの特徴はしっかり把握しておきましょう。

高齢者向け住宅とは?

高齢者向け住宅とは、比較的元気な高齢者が各種サービスを受けながら暮らす住宅のことで、大きく「サービス付き高齢者向け住宅」と「シニア向け分譲マンション」に分類されます。いずれも自立した生活ができる高齢者が対象であり、基本的に介護サービスは付属していません。大きな違いは、サービス付き高齢者向け住宅が賃貸物件であるのに対し、シニア向け分譲マンションは分譲物件であることです。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、主に介護の必要がない元気な高齢者が入居するバリアフリー住宅で、日中の見守りや生活相談などのサービスを受けることができます。なお、以前は「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」「高齢者向け有料賃貸住宅(高優賃)」とう高齢者向け住宅がありましたが、現在はいずれも廃止されており、サービス付き高齢者向け住宅に一本化されています。

多くのサービス付き高齢者向け住宅は、オプションで食事サービスを提供しているほか、掃除・洗濯などの生活支援サービスを提供しているところもあります。基本的に介護サービスは提供していないため、介護が必要になったら、訪問介護などの外部事業者と別途契約しなければいけません。

サービス付き高齢者向け住宅で働く場合、中心となる仕事は安否確認と生活相談です。安否確認では、居室を訪問して入居者の健康状態などを確認します。生活相談では、入居者の日常生活における相談に乗り、快適に暮らせるようにサポートします。掃除・洗濯や調理・買い物代行などのサービスを提供している場合は、それらが仕事内容に含まれることもあります。

また、訪問介護事業所を併設したサービス付き高齢者向け住宅も多くあります。訪問介護事業所で派遣就労する場合は、食事・入浴・排泄の介助など一般的な訪問介護の仕事をおこないます。

シニア向け分譲マンション

シニア向け分譲マンションは、高齢者がシニアライフを満喫できるようなサービス・設備が整った分譲マンションです。コンシェルジュが常駐しているマンションも珍しくなく、来客受付や相談などのフロントサービスや見守り、食事・掃除・洗濯など各種サービスが充実しています。

設備としても、フィットネスジムやプール、カラオケやレストランなどを備えたマンションが多く、サークル活動やレクリエーションなど、入居者同士の交流も活発です。サービス付き高齢者向け住宅と同様に介護サービスは提供していないため、介護が必要になったら、訪問介護などの外部事業者と別途契約する必要があります。

シニア向け分譲マンションで働く場合は、訪問介護を利用している入居者の居室を訪問して、食事・入浴・排泄の介助など一般的な訪問介護業務が想定されます。また、介護職ではありませんが、コンシェルジュや受付としてシニア向け分譲マンションで働くケースも考えられます。

介護派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。