ブランクが武器になる!?保育士派遣の基礎知識

「出産や育児、他業種への転職で保育士の職を離れていたが、また保育士として働きたい」という方はたくさんいます。このような方々にとっての大きな懸念が、「ブランクが不利にならないか・・・」ということです。今回は、ブランクからの復帰を考えている保育士さんに向けて、保育士業界の現状や派遣保育士という働き方について解説していきます。

「ブランクあり」が歓迎される保育士業界

しばらくの間、保育の現場から離れていると、「ブランクが長いけど、雇ってくれる保育園はあるのかな・・・」「自分の知識・技術が今でも通用するのかな・・・」といった不安が先に立つと思います。しかし、心配しすぎる必要はありません。

ご存知のとおり、近年は保育園不足や待機児童が社会問題になっていますが、その要因の一つが「慢性的な保育士不足」です。人手不足に陥っている保育園にとっては、ブランクがあるとはいえ実務経験のある保育士さんは「貴重な人材」だと言えます。雇用する側からすれば、ブランクから復帰する保育士さんは教育コストも少なく済むため、「新卒の未経験者より頼りになる」と考える保育園は少なくありません。実際に派遣業界においても、保育士は「ブランクのある方歓迎」という求人の多さが目立ちます。

ブランクが保育士としての「強み」になる!

出産・育児でブランクがある保育士さんの場合

子どもを相手にする保育士という職業柄、出産・育児の経験は大きなアドバンテージになります。実際に子育てを経験すると、子どもの心理や子どもの発達への理解が深まりますし、親の立場から子どものことを考えられるようになります。

その結果、子どもへの接し方がうまくなり、コミュニケーションがスムーズに進みます。また、お母さんの気持ちも理解できるようになるため、保護者にとっても安心材料になります。このように、出産・育児を経験したからこそ分かることもあるのです。

他業種に転職してブランクがある保育士さんの場合

保育業界はよく「閉鎖的」だと言われますが、それが原因で様々な弊害が生まれている現状があります。このような体質を改善するため、他業界からの人材を積極的に受け入れる保育園も増えています。

たとえば、一般企業で身に付けたスキルを保育の現場で生かせるケースは多々あります。ずっと「保育畑」にいる人にはないような考え方・アイデアを持っている人も多いため、保育現場を活性化させる存在にもなり得ます。「保育の仕事に戻りたい」という意欲があれば、他業種への転職によるブランクが問題になることはないでしょう。

派遣保育士なら家事・育児と両立できる!

ブランクからの復帰を考えている保育士さんのなかには、「以前より年をとったし、体力的についていけるのかな・・・」「家事・育児が忙しいけど、仕事と両立できるのかな・・・」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ブランクから復帰する場合、フルタイムの正社員だと体力的に難しい場合もあると思います。また、働きながら家事・育児をこなすのは、体力的にも精神的にもタフさが必要です。

このような心配がある方には、「派遣保育士」がおすすめです。派遣保育士の最大のメリットは、ライフスタイルに合わせてフレキシブルに働けること。勤務時間・勤務曜日を限定して働くこともできますし、扶養の範囲内で勤務することもできます。もちろん、派遣保育士であれば残業もないため、家事や育児との両立も難しくはありません。

保育園探しも楽ちん!

派遣社員であれば、保育園探しも楽ちんです。派遣会社に登録して希望の条件を伝えれば、担当者が最適な保育園を紹介してくれます。職場見学や面接などのスケジュール調整も、担当者がサポートしてくれるので安心です。

職場とのミスマッチを防げるのも、派遣保育士のメリットです。派遣なら、ひとまず働いてみて保育園の特徴や雰囲気をチェックすることも可能。合わないと感じたら、契約満了とともに他の保育園を紹介してもらうこともできます。一定期間働いてみて、その保育園が気に入れば正社員登用の可能性がある「紹介予定派遣」という働き方を視野に入れてもいいでしょう。

保育士派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの保育士派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育士派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.2.12

コールセンター派遣で身に付くスキルとは?

最近、高時給で人気が高まっているのがコールセンター派遣です。コールセンター派遣はフレキシブルな勤務が可能で、好きな曜日・時間に働けるため、子育て中の主婦の方、仕事が流動的なタレントやミュージシャンの方、飲食やアパレルの仕事とのダブルワークで高収入を目指す方など、様々な人が働いています。

せっかくコールセンター派遣で働くなら、自分のキャリアやプライベートに役立つスキルを身に付けたいものです。今回は、コールセンター派遣で身に付くスキルについて解説していきましょう。

コールセンター派遣で、仕事も人生も豊かにするスキルを身に付けよう!

コールセンター派遣の仕事を経験することで、一般的なビジネスマナーやパソコンスキルを習得できますが、それ以上に大きな財産になるのがコミュニケーションスキルや臨機応変な対応力です。

コミュニケーションスキル

コールセンター派遣の仕事を通して身に付くスキルとして、もっとも大きいのはコミュニケーションスキルでしょう。コミュニケーションスキルを噛み砕くと、「相手の話を聞いて理解する力」と、「相手に分かりやすく伝える力」だと言えます。

何を言っているのかよく分からない人にイライラしたことはありませんか? 言いたいことをうまく伝えられず誤解されてしまったことはありませんか? コミュニケーションスキルが低い人は、相手を不快にさせたり、相手に誤解されたりしがちです。そうなると、その人自体の評価が下がり、仕事だけでなく人生においてもマイナスになってしまいます。

この重要なコミュニケーションスキルを磨くことができるのが、コールセンター派遣です。コールセンターの仕事では、見えない相手のニーズや気持ちを読み取らなければいけません。電話の相手は、言いたいことをうまく表現できない人や要点をまとめられない人もいるため、ヒアリング能力も必要です。このような業務に従事することで、総合的なコミュニケーションスキルを高めることができます。

インバウンド業務で鍛えられる「説明力」

コールセンター派遣のインバウンド業務は、商品・サービスに対する問い合わせに対応する仕事です。商品・サービスについて詳しく知っているだけではいけません。それを説明できても十分ではありません。相手に理解してもらってはじめて、インバウンド業務のゴールだと言えます。

たとえば、ある商品の情報が順番に1~10まであるとします。8まで知っている人に、1から説明するのは時間の無駄ですし、相手もイライラしてしまいます。逆に、2までしか知らない人に、5から説明しても理解してもらえません。重要なのは、相手の知識や理解度を見抜いて、必要としている情報を把握すること。そのうえで、適切な説明をして相手に理解・満足してもらうことです。

インバウンド業務では、どう説明したら伝わるかを考えながら話す訓練ができるので、日々続けていくことで説明力が高まっていくはずです。

臨機応変な対応力

コールセンター派遣の仕事にはマニュアルがあり、まずは研修でマニュアルを覚えます。しかし、実際の仕事になるとマニュアルどおりの対応では難しいシーンに出くわします。代表的なのは、クレーム対応でしょう。

クレームの電話を受けたとき、新人のうちは手に負えずリーダーやSVに代わってもらうかもしれません。しかし、経験を重ねるうちに落ち着いて話を聞けるようになり、「相手が何に不満を持っているのか?」「どうしたら解決できるのか?」が分かるようになってきます。

クレーム対応は、相手に合わせて対応を変える必要があるので、臨機応変な対応力を身に付けることができます。場数を踏むことで、どんな相手に対しても冷静かつ柔軟な対応ができるようになるでしょう。

アウトバウンド業務で鍛えられる「トーク術」

コールセンター派遣のアウトバウンド業務は、営業の電話をかける、いわゆる「テレアポ」がメインです。テレアポは簡単な仕事ではなく、相手に取り合ってもらえないことも多々あります。

しかし、「いかに相手に興味を持ってもらえるか」といった工夫を続けることで、すぐに電話を切られないようなトーク術が身に付いていきます。相手に好印象を与え、相手の反応を察しながらトークを展開できれば、アポが取れる確率も上がっていきます。こうして身に付いたトーク術はビジネスだけでなくプライベートでも役立ち、人としての魅力も高めてくれるはずです。

コールセンター派遣はプロバイドジャパンで!

ある通販会社の調査では、明確な効果を感じていないにもかかわらず、コールセンターの親身な対応に感動して、定期購入をしている顧客が多いことが分かったそうです。あなたも、知らない誰かの心を動かせるようなオペレーターを目指して、コールセンター派遣で働いてみませんか。

プロバイドジャパンでは、数多くのコールセンター派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、コールセンター派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.1.28

システムエンジニアは客先常駐より派遣がおすすめ!

システムエンジニアの働き方として、「客先常駐」という形態があります。客先常駐で働くシステムエンジニアはたくさんいますが、客先常駐という働き方は様々な問題点があると言われます。今回は、「客先常駐」と「派遣」を比較しながら、システムエンジニアの働き方を考えていきましょう。

客先常駐とは?

厳密に言うと、客先常駐の契約形態は「特定派遣」「業務請負」「偽装請負」の3つのパターンがありますが、一般的なのは特定派遣です。特定派遣による客先常駐とは、システムエンジニアを必要とする企業に常駐して、労働力を提供する働き方のこと。具体的な例で説明すると、以下のようになります。

→ システムエンジニアの鈴木さんは、正社員としてA社に雇用されます。
→ システムエンジニアの人材を必要としているB社という会社があります。
→ A社・B社間の契約のもと、A社は鈴木さんをB社に派遣します。
→ 鈴木さんはB社に常駐して、B社の人から指示を受けてシステム開発の仕事に従事します。
(自社であるA社に出社するのは、事務手続きなどで月に1回程度)

客先常駐システムエンジニアのデメリット

客先常駐は、一見すると派遣の働き方と似ていますが、派遣に比べるとデメリットが多いとされています。客先常駐システムエンジニアには、以下のようなデメリットが考えられます。

・自分で、常駐先(派遣先)企業を選べない。
・自分で、従事したいプロジェクトを選べない。
・多くの場合、数ヶ月おきに常駐先が変わる。
・残業が多いうえ、残業代が出ないことがある。
・自社での昇進・昇給を期待しにくい。
・常駐先がない期間は社内待機・自宅待機となり、給料が減額になることがある。
・常駐先が決まらない場合、退職を促されることがある。
・スキルアップ・キャリアアップにつながらない仕事・案件を任されることが多い。

このように様々なデメリットが挙げられますが、もっとも深刻なのは収入の問題かもしれません。客先常駐システムエンジニアは正社員なので、基本的には賞与が支給され、保険・年金などの福利厚生も受けられます。

その一方で、客先常駐システムエンジニアは一般的に低賃金です。長時間の残業が発生するケースも多く、残業代も支給されないとなると、トータルで見たときの収入は決して高くはならないでしょう。

客先常駐より派遣がおすすめ

システムエンジニアとして働く場合、客先常駐より派遣のほうがメリットが多いと言えます。ひと昔前は、「派遣=不安定」というイメージがありましたが、働き方が多様化する昨今、派遣は時代に合った働き方として注目を集めています。実際に、客先常駐への不満から、派遣のシステムエンジニアに転身する人も少なくありません。

派遣のメリットはたくさん!

派遣のシステムエンジニアであれば、自分の意思で派遣先企業やプロジェクトを選ぶことができます。基本的に残業はなく、契約で決められた時間で退社できますし、仮に残業が発生する場合も、残業代は全額支給されます。

自分次第で有用な経験を重ねることができ、自分の身に付けたいスキルを習得できるのも派遣の魅力です。キャリアアップしやすく、フリーランスなどで独立を目指す人にも向いています。また、ライフスタイルに合わせて柔軟に働けるのも派遣ならでは。ダブルワークをしたり、専門学校に通ったり、家事や育児との両立も可能です。

収入も派遣が有利!?

システムエンジニアは、長らく人材不足が続いています。人材不足の職種は給料が高くなっていく傾向にありますが、長期雇用が前提の正社員は給料が上がりにくいという側面があります。その点、短期雇用が前提の派遣社員は時給が上がりやすいのが特徴です。経験や能力にもよりますが、時給という点で見れば、派遣のほうが有利だと言えるでしょう。

システムエンジニア派遣はプロバイドジャパンで!

システムエンジニアとしての将来像やライフスタイルによって変わってくると思いますが、「正社員」という肩書きにこだわりがなく、自由で柔軟な働き方をしたいのであれば「派遣」を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。今後はますます、派遣のシステムエンジニアが活躍する場所は増えていくはずです。

プロバイドジャパンでは、数多くのシステムエンジニア派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、システムエンジニア派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.1.15

「派遣美容師」としてブランクから復帰しよう!

年々、美容師の数が減っていると言われますが、ブランクから復帰したいと考えている美容師さんは少なくありません。特に多いのは、結婚・出産・育児で現場を離れていた女性美容師の方です。

このようにブランクから復帰しようと考えている美容師さんにおすすめなのが、「派遣美容師」という働き方です。今回は、一度は現場を離れたものの再び美容師として働くことを考えている方に向け、派遣美容師のいいところを解説していきます。

ブランクから復帰したい美容師さんへ

再び美容師として働きたくても、ブランクが長い人ほど心配になるものです。「流行のヘアスタイルが分からない・・・」「昔の技術が通用するか心配・・・」「若い人たちに馴染めるか不安・・・」などなど、不安の種は尽きません。しかし、派遣美容師ならこのような不安はほとんど解消できるでしょう。

そもそも、派遣美容師とは?

派遣美容師とは、派遣会社と契約して、派遣会社からサロンに派遣されて働く美容師のこと。希望する勤務地や条件などを派遣会社に伝えると、派遣会社が要望に合ったサロンをピックアップしてくれます。そのなかから働きたいサロンを選んで、面接などを経て勤務するのが一般的です。就業先サロンの指示・ルールのもとで働きますが、派遣会社に雇われるかたちになるため、給料は派遣会社からもらいます。

派遣美容師ならこんな心配は無用!

技術が通用するか、流行についていけるか不安・・・

派遣美容師は、美容師としてブランクがある人が以前の「感覚」を取り戻すのに最適な働き方だと言えます。もちろん、派遣美容師として復帰する際は「ブランクOK」のサロンを選ぶ必要がありますが、美容師不足の今、「ブランクOK」のサロンを見つけるのは難しくありません。

派遣なら無理のないペースで働くことができ、はじめから正社員のように多くを求められることもありません。自分のペースで、美容師としての技術的な感覚を取り戻すことができるはずです。慣れてきたところで、勤務時間や勤務日数を増やしていくのもいいでしょう。

トレンドの髪型やカラー、新技術についていけるか不安だという方は、セミナーや講習会に参加しましょう。美容師向けのセミナーは、ネットなどで比較的簡単に見つけられます。あらかじめ流行をつかんでおくだけでも、楽な気持ちで復帰できるはずです。

育児やプライベートと両立できるか不安・・・

以前の経験などから「美容師の仕事は激務だから・・・」といった不安をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、働きやすいサロンを自由に選べるのも派遣美容師のメリットです。たとえば、いきなりフルタイムで働くのではなく、短時間勤務でOKのサロンや、週に1~2回の勤務でOKのサロンを選ぶのがいいでしょう。

正社員で働くとなると、どうしても拘束時間が長くなりがちですが、派遣ならあらかじめ自分の都合に合わせて勤務時間を決められるため、育児やプライベートと両立できます。仕事帰りに保育園にお子さんを迎えにいったり、美容師の仕事がない日はWワークとして別の仕事をしたりすることも可能です。

若いスタッフに馴染めるか不安・・・

「美容室は若いスタッフが多い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、それは一部のサロンだけです。地域や経営方針によって、サロンで働くスタッフの年齢層も客層も変わってきます。

派遣美容師なら、自分の年齢に合ったサロンを選ぶこともできます。同年代のスタッフが中心になっているサロンなら働きやすいですし、同年代のお客さんが多いサロンなら接客時の話題づくりも安心です。たとえば、ブランク前は子育ての話に共感できなかったとしても、育児を経験している今なら話題の引き出しも増えているはずです。

派遣美容師はプロバイドジャパンで!

今ある仕事の多くはいずれAIに取って代わられると言われますが、美容師は違います。ある調査によると、「20年後も残る仕事」として経営コンサルタントやカウンセラー、美容師などの職種が挙げられています。どれだけAIが進化しても、お客さんの気持ちや個性、趣味に寄り添って要望に応えていく仕事はできないということですね。

プロバイドジャパンでは、数多くの派遣美容師の案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2018.12.31

携帯ショップ店員に向いている人とは?|携帯ショップ派遣の基礎知識

派遣業界では、数年前から「携帯ショップ店員」の時給が上がっており、人気が高まっています。いわゆる「格安スマホ」が一般的になってきて、キャリア各社の競争が激化する昨今、ショップ・代理店でのサービス向上に力を入れる会社も多く、携帯ショップは慢性的な人手不足に陥っているのが現状です。

そんななか、携帯ショップ店員は職歴や経験があまり重視されないこともあり、初心者でもチャレンジしやすい職種だと言えます。だからといって、誰にでも務まる仕事というわけではありません。今回は、携帯ショップ店員の「向き・不向き」について解説していきましょう。

携帯ショップ派遣はこんな人に向いている!

コミュニケーションが好き

接客業全般に言えることですが、コミュニケーションが好きであることはもっとも重要な適性です。アパレル系や美容系などは客層が絞られますが、携帯ショップは客層が幅広いのが特徴。10代の学生からお年寄りまで幅広い年代の方が訪れるため、社交的で誰とでも円滑にコミュニケーションができなければいけません。

どんなお客様ともしっかりコミュニケーションがとれて、どんな機種・プランを必要としているのかをスムーズに把握できる人なら携帯ショップ派遣に向いていると言えるでしょう。

相手の理解度に合わせた説明ができる

携帯ショップで働いていると、「そんなことも知らないの・・・?」というような質問を受けることがあると思います。特にシニア世代の方は、スマホの機能・プランなどについて初歩的な知識を持たない人も多くいます。

そういった質問を受けたとき、相手の理解度に合わせて親切に教えてあげられる人は携帯ショップ派遣に向いていると言えます。逆に、自己本位で、マニュアルどおりの一辺倒な説明しかできない人には向いていません。

前向きでストレスに強い

先日もソフトバンクで通信障害がありましたが、携帯ショップ店員はクレーム対応が多い職種だと言えます。スマホは機種もプランも年々複雑化しているため、使い方や料金に関するクレームが絶えません。

なかには理不尽なクレームもありますが、そういったクレームを受けるたびに落ち込んだり、引きずったりしてしまう人は携帯ショップ派遣には向いていません。クレームの1つや2つで落ち込まないメンタルの強さがあり、前向きに気持ちを切り替えられる人は向いていると言えるでしょう。

チームの一員として目標を目指せる

携帯ショップでは、店舗ごとにスマホの販売台数やオプション加入件数の目標を掲げて業務に取り組んでいます。

目標を達成するために他のスタッフと力を合わせて努力できる人や、目標達成までのプロセスを楽しみ、目標達成をモチベーションに変えられる人は携帯ショップ派遣に向いています。逆に、チームプレーが苦手な人は向いていないかもしれません。

スマホを使いこなしている

スマホは、新機種が登場するたび多機能になりますし、料金プランやキャンペーンも多様化する一方です。そのため、携帯ショップ店員は常に新しいことを覚えていく必要があります。

スマホにあまり興味がない人は、覚えるのが苦痛になってしまうかもしれません。世間一般の人より「スマホを使いこなしている」「新プランやキャンペーンに興味がある」という人なら覚えるのも苦にならず、携帯ショップ派遣の仕事に適性があると言えるでしょう。

携帯ショップ派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの携帯ショップ派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、携帯ショップ派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2018.12.17

派遣で施工管理の仕事をするメリットとは?

建設業界の雇用形態は多様化しており、近年では、派遣社員として働く施工管理も増加しています。ゼネコン側も施工管理の派遣社員を必要としており、働く側も派遣という雇用形態を選ぶ人が増えているということです。今回は、もはや当たり前になった「施工管理派遣」のメリットについて考えていきましょう。

働き方が見直される時代

ひと昔前は、「正社員として採用してもらうのは難しいから、派遣社員として働く」といった人が多かったように思います。しかし、今は変わりました。「派遣のほうが自分に合っているから、派遣社員として働く」というように、ファーストチョイスとして派遣社員を選ぶ人が増えています。

よく「派遣は不安定」だと言われますが、昨今は「正社員だから安定している」とも言えなくなってきました。正社員で終身雇用という、かつての日本企業の常識は消滅しつつあります。そこで、ニーズが高まっているのが派遣社員という雇用形態です。

「会社に依存せず自分のスキルを高めたい」「会社に束縛されず、自分の時間を大切にしたい」「社内の派閥や人間関係にとらわれず、自分を適切に評価してほしい」といった人は、派遣という働き方を選ぶ傾向にあります。

施工管理派遣のメリット

01:自分の仕事に没頭できる

会社に雇われる正社員には、正社員ならではの苦労があります。社内での出世争い・派閥争いから “飲みニケーション” まで、日々苦労が絶えません。このような会社員の人間関係を煩わしいと感じない人もいますが、肌に合わない人にとっては辛いものです。

派遣社員であれば、基本的にこのようなことに労力を割く必要はありません。もちろん、正社員につきものの異動もありません。正社員のように会社に振り回されることなく、自分の仕事に集中できるのは派遣社員のメリットだと言えるでしょう。業務に集中できるぶん、短期間で正社員を上回るほどスキルアップする派遣社員の方もいます。

02:人脈が広がる

一つの会社で正社員として施工管理をしていても、お付き合いをするのは特定の業者に限られます。信頼できる業者がいるのはメリットでもありますが、馴れ合いが生まれるリスクもあります。お互いにマンネリ化を招き、狭い世界でのコミュニケーションになりがちです。

派遣社員の場合は、様々な現場で施工管理を経験するなかで、様々な業者とお付き合いするようになります。いろんなタイプの業者とコミュニケーションを図ることで、業界をより深く知ることができますし、人脈も自然と広がっていきます。施工管理派遣を長く続けていれば、正社員だったら築けないようなネットワークが得られるはずです。

03:自分の適性・方向性が明確になる

派遣社員であれば、大手・中堅・中小と、様々な規模の企業で施工管理の経験を積むことができます。施工管理の仕事をするなら、いずれは大きなプロジェクトを手がけたいと考える人は多いと思いますが、様々な規模の仕事を経験するなかで、「小さな現場は意外とおもしろい」「成長するために必要なのはこういう現場だ」といった新たな発見があるものです。施工管理という仕事のなかで、自分の適性・方向性を明確にできるのは派遣で働くメリットだと言えるでしょう。

04:本当に良い企業を見極められる

派遣社員として様々な企業で施工管理に携わっていると、外から聞いていた評判とは違った、その企業の良いところ・悪いところが見えてきます。また、派遣会社の担当者とのコミュニケーションから、様々な企業のウラ事情を知ることができるかもしれません。そういった経験を重ねていくと、「こういう企業は良い・悪い」というように、企業の本質を見抜けるようになってきます。

将来的に正社員で働くことを希望している人なら特に、最初から正社員で働くのではなく、派遣社員として様々な企業で施工管理を経験しておいたほうがいいかもしれません。いざ、正社員として就職を考えるタイミングが来たとき、自らの経験から、本当に優良な企業を選ぶことができるはずです。

施工管理派遣はプロバイドジャパンで!

正社員か派遣社員かの選択肢に直面したとき、気になるのは給料だと思います。派遣を選ぶ場合は、正社員より給料が劣るという心配があるかもしれません。もちろんはじめは、正社員より稼げないかもしれませんが、上述したような派遣のメリットを活かしてキャリアを重ねていけば、近い将来、正社員並みの、もしくは正社員を超えるような収入を得ることも難しくないでしょう。建築業界が人手不足に陥っており、派遣社員の賃金が上がっている今はチャンスと見ることもできます。

プロバイドジャパンでは、数多くの施工管理の派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2018.12.3

介護職に求められる能力・スキルって?|介護士派遣の基礎知識

人手不足が続く介護業界では、介護士派遣の需要が高まっています。介護士派遣で働く人は右肩上がりで増え続けていますが、残念ながら「向いていない……」「合わない……」と感じて、長続きしない人もいるようです。今回は、介護職に求められる能力・スキルについて解説していきます。これから介護業界を志す人は、自分が介護職に向いているかどうか確認してみてくださいね。

介護職に必要な能力・スキル

コミュニケーション能力は欠かせない!

介護施設の利用者のなかには、自分の意思をうまく伝えられない人もいます。また、スタッフが話すことを理解できない人もいます。そのような利用者に向き合うときは、相手の気持ちを汲み取って対応できるコミュニケーション能力が必要です。常に利用者の立場に立って「どうしてほしいと思っているのか?」「どうしたら喜んでもらえるのか?」といった気持ちでコミュニケーションを図ることが大切です。

また、利用者とのコミュニケーションだけでなく、利用者家族や同僚・先輩とも良好な関係を築いていかなければいけません。コミュニケーションが苦手だという人は、信頼を獲得できるまで時間がかかるかもしれません。

臨機応変な対応力があればGOOD!

介護施設の利用者は一人ひとり違った個性があり、介護スタッフに求めることも違います。介護スタッフや他の利用者とのつながりを求める人もいれば、一人で静かに過ごすのを好む人もいます。そのため、一人ひとりの性格やペースを尊重して、柔軟な対応ができることが重要になってきます。観察眼も大切なポイントで、いつも細やかな気配りができ、利用者の小さな変化に気付ける人は重宝されるはずです。

逆に、臨機応変な対応ができないスタッフはどこかで行き詰まってしまうかもしれません。また、仕事の効率を重視する人や、自分本位の考え方をする人などは向いていないと言えるでしょう。

精神的にタフな人は向いている!

どんな介護施設で働くかによって違いますが、施設によっては、お世話をしていた方が突然お亡くなりになってしまうケースもあるでしょう。介護スタッフには、そんな悲しみを乗り越えていける精神的な強さが求められます。もちろん、そのときは大きなショックを受けると思いますが、「他の利用者の方たちのためにまた頑張ろう!」と思える前向きなメンタルが大切です。

これは、「仕事だからドライな対応でOK」という意味ではありません。大前提として、利用者に寄り添う気持ちは必須ですが、その一方で、気持ちの切り替えが上手な人のほうが向いていると言えるでしょう。逆に、一つひとつの出来事について考え過ぎてしまったり、いつまでも悲しみを引きずってしまったりと、気持ちにムラのある人は向いていないかもしれません。

基本的な体力も必要!

決して「体力自慢」である必要はありませんが、基本的な体力がないと介護の仕事を続けていくのは難しいかもしれません。どんな介護施設で働くかによって異なりますが、介護の現場では移動補助やお風呂介助などの力仕事は必ずあります。そのため、基本的な体力があることは重要になってきます。

そういった意味では、たとえ今は知識が不足していても、体力のある若い方は有利になります。もちろん、ご年配の方でも体力づくりができる人なら問題はないでしょう。

介護派遣はプロバイドジャパンで!

介護スタッフとして働くうえでは、「人の役に立ちたい」という気持ちが何より大切です。人を助けることや人に喜んでもらうことにやりがいを感じる人は、チャレンジしてみる価値のある仕事だと言えるでしょう。

今回解説してきたのは一般的な能力ですが、専門的な能力として「資格」も重要になってきます。介護関連の資格は以下の記事で解説していますので、キャリアアップ・昇給を目指す方はぜひ参考にしてください。

>> 介護派遣で時給アップを狙うなら介護福祉士に!
>> ホームヘルパーと介護福祉士の違いとは?
>> 介護福祉士とケアマネジャーの違いとは?
>> 介護福祉士と社会福祉士の違いとは?
>> 介護食アドバイザーになって高齢者に食べる喜びを!

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

 

 

2018.11.19

保育士のクレーム対応術|保育士派遣の基礎知識

どんな職種でもそうですが、保育士の仕事でも「クレーム」はあります。派遣保育士の場合、重要なクレーム対応は先輩保育士や園長に任せますが、その場で自分が対応しなければならないシーンもあるはずです。派遣保育士として長期的なキャリアアップを目指すのであれば、最低限のクレーム対応術は身に付けておいたほうがいいでしょう。今回は、保育士のクレーム対応術について解説していきます。

保育士のクレーム対応~3つの鉄則~

01:一次対応で否定しない

保護者からのクレームのなかには、理不尽なものもたくさんあります。無茶なクレームを言われたときは、誰でも反射的に否定したくなるものです。そのような場合に、「でも!」「それは違います!」などと反論したり、不快な態度をとったりするのはNGです。一次対応で否定・反論から入ると、多くの場合、火に油を注ぐことになり、ますます大きなトラブルに発展してしまいます。

どんなに理不尽なクレームでも、気分を害したことを謝罪したうえで、誠心誠意、相手の話に耳を傾ける姿勢が重要です。そうすることで保護者も落ち着きますし、後に「言い過ぎたかな……」と考え直してくれることもあります。

02:二次対応のための状況把握

自分が当事者としてクレームを招いた場合、明らかに自分に非があるときは、すぐに謝罪すべきです。ただし、自分以外の保育士への苦情や、園全体に対するクレームの場合は、その場で結論を出す必要はなく、二次対応に回しましょう。その場しのぎで謝ったり、保護者の言うとおりにしたり、できない約束をしたりしてはいけません。

保護者の言い分と保育士の言い分が食い違うことは多く、どちらかに勘違いや思い込みがあることも少なくありません。クレームの一次対応をした場合は、「保護者が事実をどう認識しているのか?」「何に不満を持っているのか?」「どうしてほしいと思っているのか?」を把握するようにしましょう。そのうえで先輩や園長に報告し、後の二次対応に備えます。

保護者に対しては、「すぐに解決できず、申し訳ございません」「いったん、園で話し合います」などと伝えるようにします。そうすることで、保護者も「ちゃんと考えてくれそうだな」と感じますし、時間を置くことで冷静さを取り戻すケースもあります。

03:クレームが発生しにくい雰囲気づくり

クレームのない保育園・幼稚園はありません。だからこそ、そのクレームをチャンスと捉え、保育士としての成長につなげたり、園の改善につなげたりするべきです。

クレームの最大の原因は、「コミュニケーション不足」にあると言われます。保育士と保護者との間でコミュニケーションが不足すると、無用な誤解が生じたり相手に不信感を覚えたりしやすくなります。そうなると不満を溜め込み、それがクレームという形で爆発するのです。

クレームを少なくするには、コミュニケーションを増やすのがいちばん。保護者には普段から「何でも話してくださいね」と声をかけるのはもちろん、クレーム対応の際も「今後も、お気付きの点があればご指摘ください」などと言うことで、些細なことでも伝え合えるようになり、保護者との間に信頼関係が生まれます。それが、結果的に質の高い保育につながっていくのです。

保育士派遣はプロバイドジャパンで!

保護者と良好な関係を築くことができれば、お互いに前向きなコミュニケーションができるようになり、保育士の仕事は一層楽しくなってきます。そのためには、クレームをマイナスと捉えずに、プラスに転換していく力が必要です。それができるようになれば、園からも保護者からも信頼される保育士になれるでしょう。

プロバイドジャパンでは、数多くの保育士派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育士派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2018.11.5

コールセンター派遣にはどんな人が向いている!?

時給が高く、未経験でも働きやすいコールセンターは、最近、派遣業界でも人気が高まっている職種の一つです。その一方で、「私には向いていない」と、比較的早く離職する人もいるようです。では、コールセンター派遣に向いている人とは、一体どんな人なのでしょうか? 今回は、コールセンターの仕事の多くを占める受信業務(インバウンド)を前提に、コールセンターの適性について考えていきます。

コールセンター派遣に向いているのはこんな人!

01:聞き上手な人

コールセンター派遣の仕事では、特に「聞き上手」な人が求められます。コールセンターには日々、様々な電話がかかってきます。電話応対をする際、自分の進めたいように話を進めるタイプの人は、お客様の印象を悪くして、不信感を与えてしまう可能性があります。

自分のペースで話を進める人より、お客様の話にしっかりと耳を傾け、お客様が話しやすいリズムを作ってあげられる人のほうが向いているでしょう。

02:臨機応変に対応できる人

コールセンターに就業するにあたっては、必ずマニュアルに基づいた研修があります。もちろん、マニュアルの内容を身に付けることは大切ですが、実際の業務では、マニュアルに載っていないイレギュラーなシーンに出くわすことも少なくありません。

そんなときに、表情が見えないお客様の温度感を感じられる人、理解度に合わせた説明ができる人、心理状態に応じた的確な受け答えができる人など、相手に合わせて臨機応変に対応できる人はコールセンターの仕事に向いています。逆に、マニュアルどおりの画一的な対応しかできない人は、向いていないかもしれません。

03:気持ちの切り替えが早い人

コールセンター派遣の仕事で避けて通れないのが、クレーム対応です。自分が悪くなくても一方的に怒られることもありますが、クレームの電話を受けることで精神的に落ち込んでしまう人は、コールセンターに向いていないかもしれません。

逆に、「仕事は仕事」と割り切ることができ、プライベートにまで引きずらない人や、一つひとつのクレームに深く悩まず、すぐに気持ちを切り替えて次に進める人は適性があると言えるでしょう。

04:すぐにイライラしない人

コールセンターには、日々、いろんな人が電話をかけてきます。理不尽な要求をしてくる人、言葉づかいが乱暴な人、何を言っているのか分からない人、怒りに任せて怒鳴り散らす人、呆れるほど初歩的なことを聞いてくる人など……。

このような電話を受けたとき、すぐにイライラしてしまう人はコールセンターに向いていません。なぜなら、イライラは声のトーンや言葉づかいに表れ、お客様にも伝わってしまうからです。イライラや怒りの感情をコントロールできる冷静な人なら、コールセンターの仕事を続けていけるでしょう。

05:デスクワークが苦にならない人

コールセンター派遣の仕事のほとんどは、デスクワークです。そのため、一日中、デスクに座っている仕事に慣れていない人は向いていないかもしれません。逆に、デスクワークが苦にならない人やできるだけ座って仕事がしたい人、冷暖房の整った環境で快適に働きたい人にはぴったりだと言えます。

06:声質・滑舌がいい人

コールセンターは、不特定多数の人と電話で話をする仕事です。お互いに表情が見えない状況でのやり取りでは、声質や滑舌が相手の印象を大きく左右します。声質や滑舌がいいと相手に好感を持ってもらえるため、コミュニケーションが円滑に進みやすくなります。逆に、聞き取りにくい声・話し方の人は、それがハンデになってしまうことがあります。

コールセンター派遣はプロバイドジャパンで!

上述した6項目に多く当てはまる人は、未経験でも、コールセンター派遣にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。「コールセンターは話し上手じゃないとできない」というイメージがあるかもしれませんが、営業職や接客業など人前でのコミュニケーションが苦手でも、コールセンターの仕事で能力を発揮する人は意外と多くいます。

プロバイドジャパンでは、数多くのコールセンター派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、コールセンター派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2018.10.22

派遣美容師のニーズが増加中!メリット・デメリットとは?

最近、注目を集めている「派遣美容師」という働き方。美容師側からしても、サロン側からしてもメリットが多いことから、少しずつ需要が高まっています。今回は、主に美容師から見た派遣のメリット・デメリットを解説していきましょう。

派遣美容師のメリット

ライフスタイルに合わせて働ける

正社員としてサロンに雇われている美容師さんの場合、サロンの休日くらいしか休みがないのが現状でしょう。また、休みの日でも研修に強制参加といったことも多いようです。

一方で、派遣美容師なら自分のペースでシフトを組みことができ、仕事を入れたくない日はちゃんと空けることができるうえ、残業もほぼありません。自分の時間を確保できるのは大きなメリットだと言えるでしょう。たとえば、小さなお子さんがいる美容師さんや、美容師以外の仕事をベースにしている元美容師さんの副業としてもおすすめ。また、安定収入をキープしたいフリーランスの美容師さんにも向いています。

高時給を狙える

派遣美容師の時給は1,200円~1,600円くらいのゾーンが平均的ですが、これを上回る案件を目にすることも多々あります。正社員として長時間働くより、コスパが良くなるケースは少なくありません。副業としても魅力的で、日給1万円超のサロンを見つけるのも難しくないでしょう。

人間関係に悩まずに働ける

美容師の悩みでもっとも多いのは、人間関係の悩みだと言います。相性の悪い先輩がいたり、嫌いな同僚がいたりするサロンでずっと働いていくのはつらいものです。その点、派遣美容師は派遣期間が決まっているうえ、勤務中も人間関係に深入りすることなく気楽に働けるのが魅力です。

キャリアアップにつながる

一つのサロンだけで働いていると、そのサロンのやり方が「常識」になり、考え方が凝り固まってしまうリスクがあります。そういった意味では、様々なサロンで経験を積める派遣美容師は、キャリアアップを目指す人にうってつけです。いろんなサロンの良いところ・悪いところを学べるうえ、人脈を広げられたり、お客さんが付いてくれたりします。将来、独立やフリーランスを目指す人は、派遣美容師として働くことは貴重な経験になるはずです。

サロンが派遣美容師を使うメリットとは?

どんなサロンも、平日に比べると土日祝日は込みますし、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの連休前は混雑する傾向があります。混む時期は自店のスタッフだけでは回せなくなりますが、常に正社員のスタッフを抱えているとムダも増えてしまいます。そこで重宝するのが、必要なときに必要な人材を補充できる派遣美容師というわけです。サロンは派遣会社に、「この時期・この日・この時間に美容師を派遣してください」と依頼するだけで、繁忙期を効率的に乗り切ることができるのです。

派遣美容師のデメリット

新しい環境に慣れる必要がある

派遣美容師は、新しい環境で初対面の人たちと仕事をすることになります。サロンによって業務内容やルールなどが異なるため、初めは慣れるのが大変かもしれません。初めての環境や初対面のスタッフに溶け込むのが苦手な人や、今まで慣れてきたやり方を変えたくない人などは、派遣美容師には向かないかもしれません。

契約期間が決まっている

派遣美容師は契約期間が決まっているため、たとえば、派遣されたサロンがすごく気に入った場合でも、契約期間が満了したときに更新してくれる保証はありません。契約期間が満了したら、別のサロンに移ることになると考えておいたほうがいいでしょう。

歩合がない

通常であれば、派遣美容師は時給制で働きます。正社員の美容師にある歩合は適用されないため、歩合がないとモチベーションが上がらないという人には向かないかもしれません。

派遣美容師はプロバイドジャパンで!

正社員から派遣社員になることを「キャリアダウン」と考える人もいます。たしかに、ひと昔前はそうだったかもしれませんが、働き方が多様化するこれからの時代は「キャリアアップ」のきっかけにすることもできます。派遣のほうがメリットが多いと感じる人は、従来のようにサロンに雇われる働き方に囚われず、派遣美容師にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

プロバイドジャパンでは、数多くの派遣美容師の案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2018.10.9