コールセンター派遣をする前に知っておきたい「クレーム対応術」

コールセンター派遣をお考えの方の中には、「クレームが心配・・・」という方も少なくありません。実際の現場では、難しいクレームは先輩・上司が代わって対応してくれるため、派遣スタッフが最後まで対応するケースは少ないようです。しかし、自分の対応が良くないために電話の途中で「クレーム化」してしまうケースもあるので、クレーム対応の基本的な心構えは押さえておく必要があります。

今回は、コールセンター派遣の「クレーム対応術」について解説していきましょう。

コールセンター派遣のクレーム対応術

電話ならではの伝え方を知る!

クレーム対応の基本は、「話を聞く」「謝罪する」「説明する」といった基本的な行為に気持ちを込めて、誠実に対応すること。相手の表情が分からないのが電話対応の難しいポイントであり、面と向かった会話との最大の違いです。

顔が見えない電話では、声色や声の大きさ、話すスピードや抑揚、言葉づかいや会話の間などから相手の様子を敏感に感じ取ります。そのため、たとえばオペレーターが「クレーム対応を早く終わらせたい」と考えながら話していたとしたら、その気持ちはすぐに電話の向こうのお客様に伝わってしまうでしょう。「謝っておけばいい」と平謝りしたり、「マニュアルどおりに話せばいい」と事務的に対応したりしていると、逆に火に油を注ぐことに・・・。電話だからこそ、相手が目の前にいると思って対応することを心がけましょう。

相手の気持ちに寄り添う!

クレーム対応では「相手の立場に立って、相手の気持ちを考える」ことが必須です。これは簡単なように思えて実は難しく、誰でもつい自分の都合や自分の気持ちを優先させてしまうものです。

あなたは、過去に企業や店舗にクレームを言ったことがありますか? 実際に口に出したことはなくても、文句を言いたい気持ちをグッとこらえた経験がある方は多いでしょう。コールセンターにクレームの電話をかけてくる人も、その時のあなたと同じ気持ちのはず。相手の怒りやイライラを、「もし自分だったら・・・」と置き換えて、相手の気持ちに寄り添った対応をすることが大切です。

とはいえ、割り切る冷静さも必要!

上述したように、クレーム対応では相手の気持ちに寄り添うことが重要です。その一方で、これと矛盾するようですが、「割り切る冷静さ」を持つことも重要です。コールセンターにクレームの電話がかかってきても、相手はあなたに不満を持っているわけではなく、あくまで製品・サービスに対して不満を持っているのです。

コールセンター派遣でクレーム対応をしていると、自分のせいで怒られているように感じて、精神的にしんどくなってしまう人もいます。コールセンターで元気に長く働いていくためには、「自分が悪くて怒られているわけではない」と割り切る姿勢も大切。クレームを受けても嫌な気持ちを引きずらず、切り替えて仕事に臨みましょう。

クレームをプラスに変えられれば一流!

これまでの企業は、「できるだけクレームを減らす」「クレーマーを丸め込んで黙らせる」という姿勢でコールセンター運営をしていました。しかし近年では、「クレームをありがたく頂戴して、サービス改善のヒントを探る」「真摯にクレーム対応をすることで、相手に好印象を与える」という姿勢の企業が増えています。

コールセンターはお客様の貴重な意見を集められる場でもありますし、実際に、コールセンターの誠実な対応によってマイナスイメージを抱いていた企業のファンになる人もいます。クレームをプラスに変えることができれば、コールセンター派遣としては一流だと言えるでしょう。

クレーム対応が少ないコールセンターもある!?

コールセンター派遣の仕事はクレームが多いイメージがあるかもしれませんが、どこのコールセンターもクレームが多いわけではありません。業種やサービスの内容によっては、もともとクレームが少ないコールセンターもあります。

たとえば、企業向けの製品・サービスを扱うコールセンターの場合、クレームは少ない傾向にあります。なぜなら、多くの人は仕事の一環としてコールセンターに電話してくるので、不満があったとしても比較的落ち着いて話ができます。また、登録内容の変更や製品の使い方説明など、画一的な対応に限定されるコールセンターもクレームは少ないでしょう。

「クレーム対応が苦手」「できるだけクレーム対応は避けたい」という方は、あらかじめ派遣会社の担当者にその旨を伝えておき、クレーム対応の少ないコールセンターを紹介してもらいましょう。

コールセンター派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くのコールセンター派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、コールセンター派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.4.22

携帯ショップ派遣の仕事内容とよくある失敗

携帯ショップ派遣は、未経験歓迎の案件が多いうえに比較的高時給なので、非常に高い人気があります。ですが、なかには「時給は高いけど仕事が大変」といった印象を持っている方も多いと思います。実際に、携帯ショップ派遣の先輩たちからは、「他の接客業に比べると覚えることが多い」といった意見もよく聞かれます。

今回は、携帯ショップ派遣の仕事内容を紹介するとともに、スタッフのよくある失敗についても触れていきます。携帯ショップ派遣での就業を考えている方は、仕事内容を知っておくのはもちろん、よくある失敗を把握してことでスムーズに仕事に入っていけるでしょう。

携帯ショップ派遣の仕事内容

携帯・スマホの販売

携帯ショップ派遣の中心になる仕事は、当然のことですが携帯電話・スマートフォンの販売です。最近は「カメラの性能が良い」「操作が簡単」「バッテリーが長持ちする」「画面が広くて見やすい」など、お客様のニーズも多様化しています。携帯ショップで働くスタッフは、お客様のニーズに合った提案をするために、続々と登場する新機種の特徴を押さえておく必要があります。

機種だけでなく、料金プランやオプションプランも把握しておかなければいけません。店頭では、お客様から「ネットやSNSの利用頻度」「動画の視聴時間」「通話相手・通話時間」などをヒアリングしたうえで、最適なプランを提案します。料金プランやオプションプランは非常に複雑なので、常に相手が理解できているかを確認しながら案内する必要があります。

その他、携帯電話・スマホを販売するにあたっては、以下のような仕事も付随してきます。

・新規契約・機種変更にともなうパソコン入力業務
・携帯電話・スマホ、付属品の在庫管理・発注業務
・ショップ内の案内ツール、POPの作成・設置業務

アフターサポート

携帯ショップ派遣の仕事では、アフターサポートも非常に重要なポイントです。アフターサポートの中心は、お客様からの問い合わせ対応です。「使い方が分からない」「プランを見直したい」「故障したようだ」など、お客様の様々な問い合わせに対して電話対応・来店対応をおこないます。

問い合わせ対応のなかには、クレーム対応もあります。お客様の満足度を向上させ、契約を継続してもらうためには、クレームにも真摯に対応して手厚いサポートを提供していく必要があります。

携帯ショップ店員のよくある失敗

プランの案内を間違えてしまう・・・

上述のとおり、携帯・スマホの料金プランやオプションプランは非常に複雑です。そのため、ベテランスタッフでもプランの内容や料金を間違えて案内してしまうことがあるようです。

キャンペーン情報を間違えてしまう・・・

携帯・スマホのキャンペーン内容は多岐にわたり、似たような複数のキャンペーンが同時に開催されていることもあります。そのため、スタッフの頭のなかでもキャンペーンの条件や期間を混同しがちです。間違えて案内してしまうと、トラブルに発展することもあります。

お客様情報の入力を間違えてしまう・・・

携帯・スマホの販売業務では、お客様情報を誤って入力してしまうミスも多いようです。登録前にお客様に確認してもらいますが、お客様も見落としてしまうケースがあります。電話対応でも、名前や連絡先などの聞き取りミスや入力間違えが起こりがちなので、注意しなければいけません。

研修やスタッフ専用のサポートセンターがあるから安心!

携帯ショップ派遣は覚えることが多い仕事ですが、それだけに研修や勉強会が充実しています。また、携帯ショップ店員専用のサポートセンターもあります。サポートセンターに連絡すれば、携帯・スマホの操作方法や契約・プランの詳細など、仕事上で必要なことを教えてもらえます。未経験の方でも、安心してチャレンジできる環境があると言えるでしょう。

携帯ショップ派遣はプロバイドジャパンで!

携帯ショップ派遣は覚えることが多いので、最初は大変かもしれません。しかし、業務に慣れていけば、押さえておくべき知識や接客のポイントが分かってきます。特に、スマホが好きな人や接客が好きな人なら、比較的短期間で自信を持って仕事ができるようになるはずです。

プロバイドジャパンでは、数多くの携帯ショップ派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、携帯ショップ派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.4.8

派遣美容師として副業・兼業時代を生き抜こう!

「働き方改革」や「副業・兼業解禁」は、最近もっとも旬なキーワード。美容師の業界も例外ではなく、新しい働き方を模索する人が増えています。とはいえ、正社員として働く美容師さんは、忙しかったり、休みが少なかったり、勤務先が副業を禁止していたりで、気軽に副業ができる人は多くはありません。

このように制約に縛られてしまう人も多いなか、比較的副業がしやすいのが「派遣美容師」という働き方です。今回は、派遣美容師だからできる副業・Wワークについて解説していきましょう。

派遣美容師だからできる副業・Wワーク

美容師として腕を磨きたいなら

「美容師としてもっと腕を磨きたい」方は、「派遣美容師 × 派遣美容師」としてサロンを掛け持ちするのがおすすめです。派遣社員であれば「週に2日」や「1日4時間」など、自分の裁量でスケジュールをコントロールできるため、複数のサロンを掛け持ちすることも可能です。

サロンによって客層も違いますし、得意分野も異なります。そのため、一つのサロンに縛られず、複数のサロンで働くことで様々な技術を習得できます。技術が身に付くだけでなく、サロンの運営スタイルの違いも体感できるため、将来的に独立を考えている美容師さんにもおすすめです。

また、派遣美容師ならサロンでありがちな人間関係で悩まされることも少ないので、技術の追求に没頭できます。どうしても苦手なスタッフがいる場合でも、派遣美容師なら契約満了とともにサロンを変更できます。

美容の分野で幅広く成長したいなら

「美容の分野で幅広く成長したい」方は、美容師と親和性の高い仕事にチャレンジしてみるのがいいでしょう。その代表格がヘアメイクです。ヘアメイクは、ブライダルや成人式、二次会などのパーティーや七五三など、意外と多くのニーズがある職種です。

カットやパーマだけでなく、メイクやセットもやりたいという美容師さんは少なくありません。「派遣美容師 × 派遣ヘアメイク」という働き方をすることで、「髪の美容のプロフェッショナル」になるのも夢ではありません。

ヘアメイク以外では、「派遣美容師 × 派遣アイリスト」の掛け持ちもおすすめです。手荒れは美容師さんのよくある悩みですが、アイリストであれば手の負担を軽減できますし、もちろん「まつげの専門家」としての経験を重ねることもできます。

「あくまでも本業は美容師」という方でも、副業でヘアメイクやアイリストを経験しておくことで、知識・スキルの幅が広がったり話題が増えたりするため、美容師としての成長につながるはずです。

とにかくたくさん稼ぎたいなら

「できるだけ早く自分でサロンを開きたい」など、短期的にたくさん稼ぎたい方は、美容業界に縛られず、違う畑での副業に目を向けてみてはいかがでしょうか。

実際に、美容師さんのなかにはキャバクラやガールズバーなど、短時間で高収入を目指せるナイトビジネスを副業としている方もいます。また、コールセンター派遣やエンジニア派遣など、比較的高時給の派遣も人気です。「○○歳までに○○円貯金する」という明確な目標がある方は、「派遣美容師 × 高時給派遣」にチャレンジしてみるのがいいでしょう。

おこづかい稼ぎなら

「派遣美容師をやりながら、ちょっとおこづかい稼ぎもしたい」という方は、軽作業や飲食店、コンビニやスーパーなどの派遣がおすすめです。接客業やサービス業などの派遣はハードルが低く、始めやすいのがメリットです。派遣美容師ならサロンでの残業もないため、夜の時間の副業も可能。育児中の方なら、クラウドソーシングを利用した在宅ワークもおすすめです。

派遣美容師はプロバイドジャパンで!

副業によって「複数の収入源を持つこと」は、これからの時代を生きていくうえで大きなアドバンテージになります。それだけでなく、副業によって「幅広いスキルが身に付く」「人脈が増える」など、様々なメリットがあります。

正社員だと本業で手一杯になりがちですが、派遣社員なら副業・Wワークで効率よく働くことも可能です。あなたも、派遣美容師をしながら副業にチャレンジしてみませんか。副業によって得た資金や人脈、スキルやノウハウは、きっと今後の美容師人生に活かせるはずです。

プロバイドジャパンでは、数多くの派遣美容師の案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.3.25

施工管理派遣に向いているのはこんな人

施工管理は、派遣業界のなかでも人気の高い職種の一つです。東日本大震災や熊本地震からの復興に向けた工事や、東京オリンピック・パラリンピックに向けた工事などが増加している一方で、どの現場でも人手不足に陥っているのが現状です。

そんな情勢もあるため、今は施工管理派遣のニーズが高まっており、未経験からチャレンジして活躍する人も増えています。とはいえ、他業種からの転身の場合、長続きしない人がいるのも事実です。今回は、これから施工管理派遣での就業を考えている人のため、施工管理の仕事で活躍するためのスキル・能力について解説していきます。

こんな人は施工管理派遣で通用する!

01:コミュニケーションスキルが高い人

施工管理の仕事は関わる人が多いこともあり、コミュニケーションスキルが欠かせません。仕事のなかでも中心となるのが、職人さんを取りまとめること。職人の世界にはクセのある人も多くいますが、施工管理の仕事に就いたら、そんな個性の強い職人集団をうまく束ねていかなければいけません。そして、職人さんたちを取りまとめていくには、しっかりコミュニケーションをとって、人として信頼してもらうことが大切です。

ときには、血気盛んな若い職人さんとぶつかることもあるでしょう。ベテランの頑固な職人さんに文句を言われることもあるでしょう。そんなときこそ、施工管理の腕の見せどころ。プロジェクトを全うするため、常に職人さんたちとコミュニケーションを図り、彼らを動かしていく能力が必要です。

02:リスクを管理できる人

施工管理の仕事では、事故・トラブルを防ぐための安全管理が重要です。常に、現場に危険が潜んでいないか目を配り、少しでもリスクを感じたら先回りして改善を図る必要があります。

また、工期を守るためのスケジュール管理も大切です。常に工事の進行状況をチェックして、遅れが出そうになったらスケジュールを調整したり、予期せぬトラブルに柔軟に対応したりする能力が求められます。工期が遅れるリスクを見極め、できるだけ問題が起きる前、問題が大きくなる前にコントロールしていかなければいけません。そういった意味では、「何とかなるさ」という楽観的な人より、心配性で慎重な人のほうが施工管理に向いていると言えるでしょう。

03:仕事を効率化できる人

施工管理の仕事は、工事のスケジュール管理・安全管理・コスト管理・スタッフ管理だけでなく、図面や書類の作成から、現場写真の撮影、朝礼の司会に至るまで多岐にわたります。そのため、複数の仕事を同時に進めていく能力が求められます。

複数の仕事を同時進行していくには、常にプロジェクト全体に目を配り、一つひとつのタスクに優先順位をつける必要があります。もちろん、この優先順位は的確なものでなければいけません。優先順位をつけたら、重要度・緊急度の高い仕事から効率的に片付けていく能力が必要です。

04:「人たらし」な人

施工管理の仕事と言うと、ガテン系の人が大声で偉そうに指揮をしているイメージがあるかもしれませんが、これはもう古いイメージかもしれません。施工管理の仕事で重要なのは、職人さんをはじめとする周囲のスタッフの信頼を獲得し、彼らを動かしていくこと。そういった意味では、「人たらし」であることは施工管理として大切な資質の一つだと言えるでしょう。

人たらしとは、良い意味で「人の心をつかむのが上手な人」のこと。人望が厚い人、リーダーシップがある人、気配りが上手な人のほか、「欠点はあるけど、なぜだか憎めない人」など、世の中にはいろんなタイプの人たらしがいます。威厳のある親分肌タイプの人だけでなく、「天然のいじられキャラ」や「純朴なまじめキャラ」の人でも施工管理は務まります。周囲の人たちに好かれるようなチャームポイントを持った人なら、施工管理として活躍していけるでしょう。

施工管理派遣はプロバイドジャパンで!

他業種からの転職でも、前職で磨いたスキルや持ち前のキャラクターを活かして施工管理派遣で活躍している人は多くいます。今回は4つのポイントを挙げましたが、すべてに当てはまる人はほとんどいません。一つでも自信があるポイントがあるなら、施工管理派遣にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

プロバイドジャパンでは、数多くの施工管理の派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、施工管理派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.3.11

有料老人ホームとは?|介護士派遣の基礎知識

介護業界は慢性的な人材不足に陥っており、多くの施設で派遣社員の活用が進んでいます。介護士派遣の求人数も年々増加しており、未経験でチャレンジする方も増えています。

はじめて介護業界で働く方が戸惑うのが、介護施設・老人ホームの種類の多さです。今回は、介護施設・老人ホームの種別の一つである「有料老人ホーム」について解説していきます。施設によって環境や入居者の特性が異なり、派遣スタッフの業務内容も変わってきます。就業してから「イメージしていた仕事と違う・・・」とならないよう、施設ごとの特徴はしっかり把握しておきましょう。

介護施設・老人ホームの種類は様々!

一般的に、介護施設・老人ホームは「有料老人ホーム」「高齢者向け住宅」「介護保険施設」「各種地域密着型施設」「軽費老人ホーム」の5つの種別に分類されます。さらに、今回ご説明する有料老人ホームに「介護付」「住宅型」「健康型」の3種類があるように、それぞれの種別でさらに細かく分岐しています。

有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは、高齢者が暮らしやすいように配慮された居住施設のこと。入居者は、以下のうち少なくとも一つのサービスを受けることができます。

・入浴、排せつ又は食事の介護
・食事の提供
・洗濯、掃除等の家事
・健康管理

有料老人ホームは、主に民間企業によって運営されています。「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の3つのタイプに分かれており、入居条件などが異なります。

なお、2013年7月1日時点の有料老人ホームの数は全国で8,424件、そのうち介護付が39.3%、住宅型が60.5%、健康型が0.2%となっています(※)。健康型は非常に少ないため、有料老人ホームでの派遣就業を考える場合、介護付か住宅型のいずれかを選択することになるでしょう。
※公益社団法人 全国有料老人ホーム協会「平成25年度 有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業 報告書」

介護付有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームのことです。入居者が介護を必要とするようになった場合、施設に常駐する介護スタッフが介護サービスを提供します。施設に在籍するケアマネージャーが介護プランを立て、基本的に24時間体制で介護サービスを提供します。

介護付き有料老人ホームは、施設のハード面やサービスが高級なほど、入居者の自立度も高い傾向があります。自立して生活できる入居者が多いほど、コミュニケーションもとりやすく、介護スタッフの身体的負担も軽くなります。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、外部の在宅介護サービスを利用する有料老人ホームのことです。介護付き有料老人ホームとの違いは、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていない点です。施設が主体となって介護サービスを提供できないため、入居者が介護を必要とするようになったら、外部の事業者と契約をして在宅介護サービスを受けます。

住宅型有料老人ホームのスタッフの主な業務は、食事・掃除・洗濯や買い物代行などの生活支援サービスであり、基本的に介護サービスを提供することはありません。とはいえ、多くの住宅型有料老人ホームは訪問介護事業所などを併設しており、訪問介護事業所のスタッフを兼務する場合などは介護サービスを提供することもあります。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、基本的に介護の必要がなく、自立した生活を送ることができる方を対象とした有料老人ホームのことです。そのため、入居者が介護を必要とするようになったら、退去しなければいけません。介護施設というより、健康な高齢者が日常生活を楽しむための施設だと言えるでしょう。

介護派遣はプロバイドジャパンで!

有料老人ホームは、各施設によって入居条件や提供サービスが大きく異なります。それによって、派遣スタッフの業務内容や求められるスキルも変わってきます。有料老人ホームへの就業を考える際は、施設の特徴をしっかり調べておくようにしましょう。

プロバイドジャパンでは、数多くの介護派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、介護派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.2.25

ブランクが武器になる!?保育士派遣の基礎知識

「出産や育児、他業種への転職で保育士の職を離れていたが、また保育士として働きたい」という方はたくさんいます。このような方々にとっての大きな懸念が、「ブランクが不利にならないか・・・」ということです。今回は、ブランクからの復帰を考えている保育士さんに向けて、保育士業界の現状や派遣保育士という働き方について解説していきます。

「ブランクあり」が歓迎される保育士業界

しばらくの間、保育の現場から離れていると、「ブランクが長いけど、雇ってくれる保育園はあるのかな・・・」「自分の知識・技術が今でも通用するのかな・・・」といった不安が先に立つと思います。しかし、心配しすぎる必要はありません。

ご存知のとおり、近年は保育園不足や待機児童が社会問題になっていますが、その要因の一つが「慢性的な保育士不足」です。人手不足に陥っている保育園にとっては、ブランクがあるとはいえ実務経験のある保育士さんは「貴重な人材」だと言えます。雇用する側からすれば、ブランクから復帰する保育士さんは教育コストも少なく済むため、「新卒の未経験者より頼りになる」と考える保育園は少なくありません。実際に派遣業界においても、保育士は「ブランクのある方歓迎」という求人の多さが目立ちます。

ブランクが保育士としての「強み」になる!

出産・育児でブランクがある保育士さんの場合

子どもを相手にする保育士という職業柄、出産・育児の経験は大きなアドバンテージになります。実際に子育てを経験すると、子どもの心理や子どもの発達への理解が深まりますし、親の立場から子どものことを考えられるようになります。

その結果、子どもへの接し方がうまくなり、コミュニケーションがスムーズに進みます。また、お母さんの気持ちも理解できるようになるため、保護者にとっても安心材料になります。このように、出産・育児を経験したからこそ分かることもあるのです。

他業種に転職してブランクがある保育士さんの場合

保育業界はよく「閉鎖的」だと言われますが、それが原因で様々な弊害が生まれている現状があります。このような体質を改善するため、他業界からの人材を積極的に受け入れる保育園も増えています。

たとえば、一般企業で身に付けたスキルを保育の現場で生かせるケースは多々あります。ずっと「保育畑」にいる人にはないような考え方・アイデアを持っている人も多いため、保育現場を活性化させる存在にもなり得ます。「保育の仕事に戻りたい」という意欲があれば、他業種への転職によるブランクが問題になることはないでしょう。

派遣保育士なら家事・育児と両立できる!

ブランクからの復帰を考えている保育士さんのなかには、「以前より年をとったし、体力的についていけるのかな・・・」「家事・育児が忙しいけど、仕事と両立できるのかな・・・」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ブランクから復帰する場合、フルタイムの正社員だと体力的に難しい場合もあると思います。また、働きながら家事・育児をこなすのは、体力的にも精神的にもタフさが必要です。

このような心配がある方には、「派遣保育士」がおすすめです。派遣保育士の最大のメリットは、ライフスタイルに合わせてフレキシブルに働けること。勤務時間・勤務曜日を限定して働くこともできますし、扶養の範囲内で勤務することもできます。もちろん、派遣保育士であれば残業もないため、家事や育児との両立も難しくはありません。

保育園探しも楽ちん!

派遣社員であれば、保育園探しも楽ちんです。派遣会社に登録して希望の条件を伝えれば、担当者が最適な保育園を紹介してくれます。職場見学や面接などのスケジュール調整も、担当者がサポートしてくれるので安心です。

職場とのミスマッチを防げるのも、派遣保育士のメリットです。派遣なら、ひとまず働いてみて保育園の特徴や雰囲気をチェックすることも可能。合わないと感じたら、契約満了とともに他の保育園を紹介してもらうこともできます。一定期間働いてみて、その保育園が気に入れば正社員登用の可能性がある「紹介予定派遣」という働き方を視野に入れてもいいでしょう。

保育士派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの保育士派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、保育士派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.2.12

コールセンター派遣で身に付くスキルとは?

最近、高時給で人気が高まっているのがコールセンター派遣です。コールセンター派遣はフレキシブルな勤務が可能で、好きな曜日・時間に働けるため、子育て中の主婦の方、仕事が流動的なタレントやミュージシャンの方、飲食やアパレルの仕事とのダブルワークで高収入を目指す方など、様々な人が働いています。

せっかくコールセンター派遣で働くなら、自分のキャリアやプライベートに役立つスキルを身に付けたいものです。今回は、コールセンター派遣で身に付くスキルについて解説していきましょう。

コールセンター派遣で、仕事も人生も豊かにするスキルを身に付けよう!

コールセンター派遣の仕事を経験することで、一般的なビジネスマナーやパソコンスキルを習得できますが、それ以上に大きな財産になるのがコミュニケーションスキルや臨機応変な対応力です。

コミュニケーションスキル

コールセンター派遣の仕事を通して身に付くスキルとして、もっとも大きいのはコミュニケーションスキルでしょう。コミュニケーションスキルを噛み砕くと、「相手の話を聞いて理解する力」と、「相手に分かりやすく伝える力」だと言えます。

何を言っているのかよく分からない人にイライラしたことはありませんか? 言いたいことをうまく伝えられず誤解されてしまったことはありませんか? コミュニケーションスキルが低い人は、相手を不快にさせたり、相手に誤解されたりしがちです。そうなると、その人自体の評価が下がり、仕事だけでなく人生においてもマイナスになってしまいます。

この重要なコミュニケーションスキルを磨くことができるのが、コールセンター派遣です。コールセンターの仕事では、見えない相手のニーズや気持ちを読み取らなければいけません。電話の相手は、言いたいことをうまく表現できない人や要点をまとめられない人もいるため、ヒアリング能力も必要です。このような業務に従事することで、総合的なコミュニケーションスキルを高めることができます。

インバウンド業務で鍛えられる「説明力」

コールセンター派遣のインバウンド業務は、商品・サービスに対する問い合わせに対応する仕事です。商品・サービスについて詳しく知っているだけではいけません。それを説明できても十分ではありません。相手に理解してもらってはじめて、インバウンド業務のゴールだと言えます。

たとえば、ある商品の情報が順番に1~10まであるとします。8まで知っている人に、1から説明するのは時間の無駄ですし、相手もイライラしてしまいます。逆に、2までしか知らない人に、5から説明しても理解してもらえません。重要なのは、相手の知識や理解度を見抜いて、必要としている情報を把握すること。そのうえで、適切な説明をして相手に理解・満足してもらうことです。

インバウンド業務では、どう説明したら伝わるかを考えながら話す訓練ができるので、日々続けていくことで説明力が高まっていくはずです。

臨機応変な対応力

コールセンター派遣の仕事にはマニュアルがあり、まずは研修でマニュアルを覚えます。しかし、実際の仕事になるとマニュアルどおりの対応では難しいシーンに出くわします。代表的なのは、クレーム対応でしょう。

クレームの電話を受けたとき、新人のうちは手に負えずリーダーやSVに代わってもらうかもしれません。しかし、経験を重ねるうちに落ち着いて話を聞けるようになり、「相手が何に不満を持っているのか?」「どうしたら解決できるのか?」が分かるようになってきます。

クレーム対応は、相手に合わせて対応を変える必要があるので、臨機応変な対応力を身に付けることができます。場数を踏むことで、どんな相手に対しても冷静かつ柔軟な対応ができるようになるでしょう。

アウトバウンド業務で鍛えられる「トーク術」

コールセンター派遣のアウトバウンド業務は、営業の電話をかける、いわゆる「テレアポ」がメインです。テレアポは簡単な仕事ではなく、相手に取り合ってもらえないことも多々あります。

しかし、「いかに相手に興味を持ってもらえるか」といった工夫を続けることで、すぐに電話を切られないようなトーク術が身に付いていきます。相手に好印象を与え、相手の反応を察しながらトークを展開できれば、アポが取れる確率も上がっていきます。こうして身に付いたトーク術はビジネスだけでなくプライベートでも役立ち、人としての魅力も高めてくれるはずです。

コールセンター派遣はプロバイドジャパンで!

ある通販会社の調査では、明確な効果を感じていないにもかかわらず、コールセンターの親身な対応に感動して、定期購入をしている顧客が多いことが分かったそうです。あなたも、知らない誰かの心を動かせるようなオペレーターを目指して、コールセンター派遣で働いてみませんか。

プロバイドジャパンでは、数多くのコールセンター派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、コールセンター派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.1.28

システムエンジニアは客先常駐より派遣がおすすめ!

システムエンジニアの働き方として、「客先常駐」という形態があります。客先常駐で働くシステムエンジニアはたくさんいますが、客先常駐という働き方は様々な問題点があると言われます。今回は、「客先常駐」と「派遣」を比較しながら、システムエンジニアの働き方を考えていきましょう。

客先常駐とは?

厳密に言うと、客先常駐の契約形態は「特定派遣」「業務請負」「偽装請負」の3つのパターンがありますが、一般的なのは特定派遣です。特定派遣による客先常駐とは、システムエンジニアを必要とする企業に常駐して、労働力を提供する働き方のこと。具体的な例で説明すると、以下のようになります。

→ システムエンジニアの鈴木さんは、正社員としてA社に雇用されます。
→ システムエンジニアの人材を必要としているB社という会社があります。
→ A社・B社間の契約のもと、A社は鈴木さんをB社に派遣します。
→ 鈴木さんはB社に常駐して、B社の人から指示を受けてシステム開発の仕事に従事します。
(自社であるA社に出社するのは、事務手続きなどで月に1回程度)

客先常駐システムエンジニアのデメリット

客先常駐は、一見すると派遣の働き方と似ていますが、派遣に比べるとデメリットが多いとされています。客先常駐システムエンジニアには、以下のようなデメリットが考えられます。

・自分で、常駐先(派遣先)企業を選べない。
・自分で、従事したいプロジェクトを選べない。
・多くの場合、数ヶ月おきに常駐先が変わる。
・残業が多いうえ、残業代が出ないことがある。
・自社での昇進・昇給を期待しにくい。
・常駐先がない期間は社内待機・自宅待機となり、給料が減額になることがある。
・常駐先が決まらない場合、退職を促されることがある。
・スキルアップ・キャリアアップにつながらない仕事・案件を任されることが多い。

このように様々なデメリットが挙げられますが、もっとも深刻なのは収入の問題かもしれません。客先常駐システムエンジニアは正社員なので、基本的には賞与が支給され、保険・年金などの福利厚生も受けられます。

その一方で、客先常駐システムエンジニアは一般的に低賃金です。長時間の残業が発生するケースも多く、残業代も支給されないとなると、トータルで見たときの収入は決して高くはならないでしょう。

客先常駐より派遣がおすすめ

システムエンジニアとして働く場合、客先常駐より派遣のほうがメリットが多いと言えます。ひと昔前は、「派遣=不安定」というイメージがありましたが、働き方が多様化する昨今、派遣は時代に合った働き方として注目を集めています。実際に、客先常駐への不満から、派遣のシステムエンジニアに転身する人も少なくありません。

派遣のメリットはたくさん!

派遣のシステムエンジニアであれば、自分の意思で派遣先企業やプロジェクトを選ぶことができます。基本的に残業はなく、契約で決められた時間で退社できますし、仮に残業が発生する場合も、残業代は全額支給されます。

自分次第で有用な経験を重ねることができ、自分の身に付けたいスキルを習得できるのも派遣の魅力です。キャリアアップしやすく、フリーランスなどで独立を目指す人にも向いています。また、ライフスタイルに合わせて柔軟に働けるのも派遣ならでは。ダブルワークをしたり、専門学校に通ったり、家事や育児との両立も可能です。

収入も派遣が有利!?

システムエンジニアは、長らく人材不足が続いています。人材不足の職種は給料が高くなっていく傾向にありますが、長期雇用が前提の正社員は給料が上がりにくいという側面があります。その点、短期雇用が前提の派遣社員は時給が上がりやすいのが特徴です。経験や能力にもよりますが、時給という点で見れば、派遣のほうが有利だと言えるでしょう。

システムエンジニア派遣はプロバイドジャパンで!

システムエンジニアとしての将来像やライフスタイルによって変わってくると思いますが、「正社員」という肩書きにこだわりがなく、自由で柔軟な働き方をしたいのであれば「派遣」を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。今後はますます、派遣のシステムエンジニアが活躍する場所は増えていくはずです。

プロバイドジャパンでは、数多くのシステムエンジニア派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、システムエンジニア派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2019.1.15

「派遣美容師」としてブランクから復帰しよう!

年々、美容師の数が減っていると言われますが、ブランクから復帰したいと考えている美容師さんは少なくありません。特に多いのは、結婚・出産・育児で現場を離れていた女性美容師の方です。

このようにブランクから復帰しようと考えている美容師さんにおすすめなのが、「派遣美容師」という働き方です。今回は、一度は現場を離れたものの再び美容師として働くことを考えている方に向け、派遣美容師のいいところを解説していきます。

ブランクから復帰したい美容師さんへ

再び美容師として働きたくても、ブランクが長い人ほど心配になるものです。「流行のヘアスタイルが分からない・・・」「昔の技術が通用するか心配・・・」「若い人たちに馴染めるか不安・・・」などなど、不安の種は尽きません。しかし、派遣美容師ならこのような不安はほとんど解消できるでしょう。

そもそも、派遣美容師とは?

派遣美容師とは、派遣会社と契約して、派遣会社からサロンに派遣されて働く美容師のこと。希望する勤務地や条件などを派遣会社に伝えると、派遣会社が要望に合ったサロンをピックアップしてくれます。そのなかから働きたいサロンを選んで、面接などを経て勤務するのが一般的です。就業先サロンの指示・ルールのもとで働きますが、派遣会社に雇われるかたちになるため、給料は派遣会社からもらいます。

派遣美容師ならこんな心配は無用!

技術が通用するか、流行についていけるか不安・・・

派遣美容師は、美容師としてブランクがある人が以前の「感覚」を取り戻すのに最適な働き方だと言えます。もちろん、派遣美容師として復帰する際は「ブランクOK」のサロンを選ぶ必要がありますが、美容師不足の今、「ブランクOK」のサロンを見つけるのは難しくありません。

派遣なら無理のないペースで働くことができ、はじめから正社員のように多くを求められることもありません。自分のペースで、美容師としての技術的な感覚を取り戻すことができるはずです。慣れてきたところで、勤務時間や勤務日数を増やしていくのもいいでしょう。

トレンドの髪型やカラー、新技術についていけるか不安だという方は、セミナーや講習会に参加しましょう。美容師向けのセミナーは、ネットなどで比較的簡単に見つけられます。あらかじめ流行をつかんでおくだけでも、楽な気持ちで復帰できるはずです。

育児やプライベートと両立できるか不安・・・

以前の経験などから「美容師の仕事は激務だから・・・」といった不安をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、働きやすいサロンを自由に選べるのも派遣美容師のメリットです。たとえば、いきなりフルタイムで働くのではなく、短時間勤務でOKのサロンや、週に1~2回の勤務でOKのサロンを選ぶのがいいでしょう。

正社員で働くとなると、どうしても拘束時間が長くなりがちですが、派遣ならあらかじめ自分の都合に合わせて勤務時間を決められるため、育児やプライベートと両立できます。仕事帰りに保育園にお子さんを迎えにいったり、美容師の仕事がない日はWワークとして別の仕事をしたりすることも可能です。

若いスタッフに馴染めるか不安・・・

「美容室は若いスタッフが多い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、それは一部のサロンだけです。地域や経営方針によって、サロンで働くスタッフの年齢層も客層も変わってきます。

派遣美容師なら、自分の年齢に合ったサロンを選ぶこともできます。同年代のスタッフが中心になっているサロンなら働きやすいですし、同年代のお客さんが多いサロンなら接客時の話題づくりも安心です。たとえば、ブランク前は子育ての話に共感できなかったとしても、育児を経験している今なら話題の引き出しも増えているはずです。

派遣美容師はプロバイドジャパンで!

今ある仕事の多くはいずれAIに取って代わられると言われますが、美容師は違います。ある調査によると、「20年後も残る仕事」として経営コンサルタントやカウンセラー、美容師などの職種が挙げられています。どれだけAIが進化しても、お客さんの気持ちや個性、趣味に寄り添って要望に応えていく仕事はできないということですね。

プロバイドジャパンでは、数多くの派遣美容師の案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2018.12.31

携帯ショップ店員に向いている人とは?|携帯ショップ派遣の基礎知識

派遣業界では、数年前から「携帯ショップ店員」の時給が上がっており、人気が高まっています。いわゆる「格安スマホ」が一般的になってきて、キャリア各社の競争が激化する昨今、ショップ・代理店でのサービス向上に力を入れる会社も多く、携帯ショップは慢性的な人手不足に陥っているのが現状です。

そんななか、携帯ショップ店員は職歴や経験があまり重視されないこともあり、初心者でもチャレンジしやすい職種だと言えます。だからといって、誰にでも務まる仕事というわけではありません。今回は、携帯ショップ店員の「向き・不向き」について解説していきましょう。

携帯ショップ派遣はこんな人に向いている!

コミュニケーションが好き

接客業全般に言えることですが、コミュニケーションが好きであることはもっとも重要な適性です。アパレル系や美容系などは客層が絞られますが、携帯ショップは客層が幅広いのが特徴。10代の学生からお年寄りまで幅広い年代の方が訪れるため、社交的で誰とでも円滑にコミュニケーションができなければいけません。

どんなお客様ともしっかりコミュニケーションがとれて、どんな機種・プランを必要としているのかをスムーズに把握できる人なら携帯ショップ派遣に向いていると言えるでしょう。

相手の理解度に合わせた説明ができる

携帯ショップで働いていると、「そんなことも知らないの・・・?」というような質問を受けることがあると思います。特にシニア世代の方は、スマホの機能・プランなどについて初歩的な知識を持たない人も多くいます。

そういった質問を受けたとき、相手の理解度に合わせて親切に教えてあげられる人は携帯ショップ派遣に向いていると言えます。逆に、自己本位で、マニュアルどおりの一辺倒な説明しかできない人には向いていません。

前向きでストレスに強い

先日もソフトバンクで通信障害がありましたが、携帯ショップ店員はクレーム対応が多い職種だと言えます。スマホは機種もプランも年々複雑化しているため、使い方や料金に関するクレームが絶えません。

なかには理不尽なクレームもありますが、そういったクレームを受けるたびに落ち込んだり、引きずったりしてしまう人は携帯ショップ派遣には向いていません。クレームの1つや2つで落ち込まないメンタルの強さがあり、前向きに気持ちを切り替えられる人は向いていると言えるでしょう。

チームの一員として目標を目指せる

携帯ショップでは、店舗ごとにスマホの販売台数やオプション加入件数の目標を掲げて業務に取り組んでいます。

目標を達成するために他のスタッフと力を合わせて努力できる人や、目標達成までのプロセスを楽しみ、目標達成をモチベーションに変えられる人は携帯ショップ派遣に向いています。逆に、チームプレーが苦手な人は向いていないかもしれません。

スマホを使いこなしている

スマホは、新機種が登場するたび多機能になりますし、料金プランやキャンペーンも多様化する一方です。そのため、携帯ショップ店員は常に新しいことを覚えていく必要があります。

スマホにあまり興味がない人は、覚えるのが苦痛になってしまうかもしれません。世間一般の人より「スマホを使いこなしている」「新プランやキャンペーンに興味がある」という人なら覚えるのも苦にならず、携帯ショップ派遣の仕事に適性があると言えるでしょう。

携帯ショップ派遣はプロバイドジャパンで!

プロバイドジャパンでは、数多くの携帯ショップ派遣案件を取り扱っております。高時給・好待遇案件のご紹介もできますので、携帯ショップ派遣にご興味をお持ちの方はお気軽にご登録ください。お問い合わせ・ご登録は以下の電話番号・フォームからお願いします。

2018.12.17